トイレレバーが折れたらどうする?応急処置と修理費用【自力で直す方法も解説】

この記事では、トイレレバーが折れた時の応急処置と対処法を徹底解説します。

「賃貸住宅だと、どうすればいい?」
「トイレレバーが折れたら自力でも直せる?」

このような悩みも一挙解決。応急処置から新しいレバーに交換する一連の流れを丁寧に紹介していきます。記事後半では、業者に依頼すべき状況や、気になる修理費用まで触れるので、ぜひ最後までご覧ください。

トイレのレバーが折れたときの応急処置【排泄物を処理する3STEP】

トイレレバーが折れたあとの画像

突然トイレのレバーが折れてしまった場合、どう対処すればいいのか分からず困ってしまうでしょう。そんな緊急事態に冷静に対応できるよう、ここでは応急処置3つのステップで排泄物を処理する方法をご紹介します。

  1. 新聞紙やタオル・バケツを用意
  2. バケツの水を半分流す
  3. 残りの水を全て流す

準備するものから具体的な手順まで詳しく解説しますので、いざという時に役立ててください。

1.新聞紙やタオル・バケツを用意

まず、トイレの床が水で汚れないようにするための準備をします。新聞紙やタオルを床に敷いておくと、水がこぼれた時でもすぐに拭き取れます。床が濡れてしまうリスクも最小限に抑えられるでしょう。

また、水を汲むためのバケツも忘れずに用意しましょう。バケツの大きさは、一度に多くの水を運べる大きめのものが理想的です。

2.バケツの水を半分流す

次に、バケツに水を入れて便器に流し込みます。バケツに入れる水の量は、8リットル前後が適量。まずはバケツに水を半分ほど入れ、その水を便器に流し込みます。この時、水を勢いよく流し込むと便器から跳ね返ってくるので、適度な力でゆっくりと流し込むのがポイント

勢いを調節することで、水の跳ね返りを防ぎつつ、効果的に排泄物を流せます。

3.残りの水を全て流す

最後に、バケツに残っている水を全て便器に流し込みます。この時点で便器内の水が十分に減っているはずなので、残りの水を一気に流し込むと良いでしょう。

ただし、一度の作業で全ての排泄物が流れない場合は、このステップを2〜3回繰り返してください。繰り返すことで、残った排泄物を流し切れます。

トイレのレバーが壊れてしまった時には、基本的にこの3つのステップを落ち着いて実行すれば、簡単に排泄物を処理できます。もし作業中に異常な音がしたり、水漏れがひどくなるようであれば、専門業者に相談してください

>>宮城・福島・山形エリア地域密着!「マルキンクリーン」にトイレトラブルを見てもらう

トイレレバーが折れたらどうする?【応急処置後の行動】

トイレレバーが折れて応急処置が済んだら、次は折れたトイレレバーの修理・交換です。一戸建てと賃貸住宅で対応が異なりますので、注意してください

  • 一戸建てなら修理業者へ連絡or自力で直す
  • 賃貸住宅は大家・管理会社へ連絡

順番に見ていきましょう。

1.一戸建てなら修理業者へ連絡or自力で直す

一戸建てにお住まいの場合、トイレのレバーが折れたら、まず修理業者に連絡するのをおすすめします。プロに任せることで、確実かつ迅速に修理が完了し、再発防止にもつながります

また、自分で修理するのも可能ですが、その際は事前にしっかりと情報収集し、適切な道具を揃える必要があります。自力での修理方法については、後述で解説しているので併せて参考にしてください。

2.賃貸住宅は大家・管理会社へ連絡

賃貸住宅にお住まいの方は、まず大家さんや管理会社に連絡して状況を報告しましょう。勝手に修理業者を呼んでしまうと、後でトラブルになる可能性があります。特に修理費用については、大家や管理会社に先に連絡しておけば、居住者が負担しなくて良いかもしれません。

場合によっては、修理業者を手配してくれるケースもありますので、まずは落ち着いて連絡を取り、指示を仰ぐようにしましょう

トイレレバーを自力で修理する方法

トイレレバーが折れたあとに修理中

トイレのレバーが故障したとき、業者に依頼するのが最も確実で安全な方法です。しかし、必要な道具が揃っていれば自力で修理することも可能です。

以下のステップに従って、トイレレバーの交換方法を解説します。

  1. 道具を用意する
  2. 止水栓を閉める
  3. タンクのふたを外して中を空にする
  4. 古いトイレレバーを外す
  5. 新しいトイレレバーを取り付ける

1.道具を用意する

まずは必要な道具を準備しましょう。

  • 交換用のレバー
  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • ペンチ

交換用のレバー、マイナスドライバー、モンキーレンチ、そして場合によってはペンチも役立ちます。ペンチはレバーが折れている場合に特に便利ですので、用意しておくと良いでしょう。

2.止水栓を閉める

次に、トイレタンクへの給水を止めるために止水栓を閉めます。止水栓の位置は、以下の画像を確認してください。

トイレタンクの止水栓の位置

止水栓はマイナスドライバーを使用するか、ハンドルタイプであれば手で時計回りに回してしっかりと閉めます。漏水を防ぐためにも、忘れずにしてください。

蛇口ごとの止水栓と、水道元栓の位置を図示

3.タンクのふたを外して中を空にする

止水栓を閉めたら、トイレタンクのふたを外します。タンクの中に残っている水を排出するために、鎖を引っ張ってフロートバルブを持ち上げ、水を便器内に流してください。この操作でタンク内の水を完全に空にしておきます。

4.古いトイレレバーを外す

次に、古いレバーを取り外します。まず、レバーの軸につながっている鎖を外し、モンキーレンチを使ってレバーを固定しているナットを緩めてください。

ナットが緩んだら、レバーを引き抜きます。レバーが折れている場合は、ペンチを使って軸部分をつかみ、ナットを緩めると簡単に外せます

5.新しいトイレレバーを取り付ける

古いレバーを取り外した後、新しいレバーを取り付けます。取り付けの際は、外したときと逆の手順を踏みます。

レバーをタンクに差し込み、ナットでしっかりと固定してください。最後に鎖を取り付けます。製品によっては、特定の向きや取り付け方が必要な場合があるので、取扱説明書を必ず確認しましょう。

トイレレバーの選び方

トイレのレバーを交換する際は、適切なレバーを選ぶ必要があります。まず、タンクのメーカーと品番を確認しましょう。タンクの側面や下部にラベルが貼られており、そこに品番が記載されています。

もしラベルが見つからない場合や読み取れない場合は、取扱説明書を確認するか、メーカーに問い合わせてタンクの品番を確認しましょう。適合するレバーを選ぶには、品番の情報が欠かせません。

また、レバーの形状や取り付け位置も重要なポイントですので、現行のレバーと新しいレバーが一致するかどうかも確認してください。

トイレレバーの購入方法

トイレレバーは、オンラインショップやホームセンターで購入できます。メーカーの公式オンラインショップでは、品番に基づいて適合するレバーを購入できるので安心でしょう。

料金は一般的に2,000〜2,500円程度が目安。ホームセンターで購入する場合は、タンクの品番を控えておくとともに、可能であれば古いレバーを持参すると、店員が適切なレバーを選んでくれるかもしれません。

トイレレバーが折れたら業者に依頼すべき?

トイレレバーが折れたあとに対応中

トイレのレバーが折れてしまった場合、自力での修理も可能ですが、業者に依頼するのをおすすめします。自分で交換する場合、まず適切なレバーを選び、購入する手順が必要。タンクのメーカーや品番を確認して適合するレバーを探すのは、意外と手間がかかる作業です。

また、交換作業自体も初めての人には難しい場合があります。レバーの取り付け位置や取り付け方を間違えると、さらにトラブルが発生するリスクもあるでしょう。

一方、業者に依頼すれば、こうした手間やリスクは避けられます。プロの業者は適切な部品を選び、迅速かつ正確に修理を実施。トイレが早く通常通りに戻るだけでなく、再発のリスクも低減されます。

特に、トイレの構造や部品に詳しくない場合は、業者に依頼するのが最も安全で確実な方法です。費用はかかりますが、安心と安全を考えると、業者に任せる価値は十分にあるでしょう。

>>マルキンクリーンにトイレレバーを直してもらう

トイレレバーが折れたときの修理費用について

一般的に、トイレレバーの交換を業者に依頼した場合の費用相場は約8,000円から10,000円程度です。しかし、タンク内の他の部品も同時に交換する必要がある場合や、特定の状況により料金が上がるケースもあるので、あくまで相場として覚えておきましょう。

全国には数多くの修理業者が存在し、それぞれサービス内容や料金に違いがあります。まずは無料で電話相談を提供している業者に連絡し、状況を説明するのが良いでしょう。また、複数の業者に無料見積もりを依頼し、見積書を比較すれば、適正価格やサービス内容を把握できます。

マルキンクリーンは見積もり・ご相談ともに無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

>>福島・宮城・山形エリア対応のマルキンクリーンにトイレ修理を相談する

トイレレバーが折れるのはもう勘弁…再発予防策【原因は主に2つ】

トイレのレバーが折れてしまうと非常に不便ですし、再発を防ぐための対策も重要です。ここでは、トイレレバーが折れる原因と、予防策について解説します。

劣化で折れる前に交換する

トイレのレバーは多くの場合プラスチック製であり、陶器製の便器やタンクほどの耐久性はありません。使用頻度が高いため、年月と共に劣化が進みやすい部品です。

一般的に、レバーの寿命は10〜15年程度とされています。レバーが外れたり折れたりしていなくても、引っかかる感じがしたり、空回りするなどの異常が見られる場合は、早めの交換を検討するのが良いでしょう。

無理な力を加えない

レバーの軸もプラスチック製のため、必要以上に力を入れて回したり、勢いよく操作したりすると折れやすくなります。トイレを使用する際は、優しく扱いましょう。特に子供やお年寄りが使用する場合は、レバーの扱い方を教える、注意書きなどをしておくのも予防策の一つでしょう。

トイレレバーが折れたら?地元密着マルキンクリーンにご相談を!

今回は、トイレレバーが折れたときの応急処置から、やるべき対応について解説しました。自力で修理する方法から折れる原因、修理費用についてもお分かりいただけたかと思います。

トイレレバーが折れたら、まずは冷静に応急処置してから次のステップに進みましょう。「原因が分からない」「自力で直すのは不安…」といった場合は、修理業者に依頼してください。

宮城・福島でトイレレバーのトラブルが起きたら、マルキンクリーンで対応可能です。トイレレバーの交換はもちろん、トイレトラブル全般を速やかに解決しますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

>>無料で修理業者に相談してみる

FAQトイレのレバーが折れた際によくある質問
トイレレバーが折れたらまずどうすればいい?
一戸建ての場合は、修理業者に連絡するのが一番早く直ります。賃貸住宅の場合は、大家さんや管理会社に連絡してください。
トイレレバーが折れたら交換必須?
劣化している可能性が高いので、新品に交換すべきでしょう。
修理・交換はメーカー?修理業者?どちらがいい?
メーカーは修理するまでに時間がかかる場合があります。修理業者であれば、即日対応している業者も多いので、早急に直すなら修理業者がおすすめです。

\お気軽にご相談ください!/

    お名前(名字だけでOK)必須

    電話番号 必須

    個⼈情報保護⽅針に同意して

    24時間365日対応! 出張・お見積もり無料! ※深夜帯(22時~5時)は出張費・見積費をいただく場合があります。 

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891
    ※深夜帯(22時~5時)は出張費・見積費をいただく場合があります。