トイレタンクで水漏れの起こる原因と修理方法

わたしたちの生活に無くてはならないトイレ。毎日使っている自宅のトイレが、突然故障して水漏れを起こしてしまうと困りますよね。

軽度のトラブルなら自分で修理することも可能で、最も水漏れが起こりやすいトイレタンクの場合はナットを締めたり、パッキンを交換したりするだけで簡単に修理できるケースもあります。

この記事では、トイレタンクから水漏れが起こる原因とその修理方法、また、水道会社に修理を依頼した際の費用の相場などを解説します。

目次

トイレタンクは最も水漏れの起こりやすい箇所

トイレタンクは水を溜めておく部分であることから、最も水漏れの起こりやすい個所です。

トイレタンクは、タンク内の給水調整を行うボールタップ、タンクの外へ水があふれるのを防ぐオーバーフロー管、便器への給水を制御するフロートバルブなどで構成されています。

長年使用していると、部品接合部分のパッキンが劣化やナットの緩みなどの原因により水漏れが発生します。

トイレタンクの水漏れ3パターン

トイレタンクの水漏れにはさまざまな原因がありますが、主な原因は3パターンあります。ここでは、その原因と対処方法を解説します。

給水管との接続部分から水漏れ

給水管とは、トイレタンクから壁の止水栓へと伸びているステンレス製の管のことです。給水管とトイレタンクのちょうど境目から水が漏れている場合、中のパッキンが消耗している可能性が高いです。

また、止水栓との接続部分から水漏れする場合は、ナットが緩んでいる事が考えられます。

パッキンの交換方法

パッキンとは、給水管などのつなぎ目に挟まれているゴム製部品です。ゴム製のため配管などよりも寿命が短いため、給水管や止水栓から水漏れしている場合、まずはパッキンを疑うと良いでしょう。

パッキンが劣化している場合は新しいものに交換する必要があります。パッキンはさまざまなサイズがありますので、使用しているトイレの取扱説明書でサイズや型番を確認の上、ホームセンターなどで購入しましょう。

交換作業の際には必ず止水栓を締め、タンクへの給水を止めてから行います。

あわせて読みたい
【プロが教える】トイレでパッキン交換する時のコツと注意点 トイレのパッキンを交換したことはありますか。パッキンはゴム製なので、トイレの部品のなかでも劣化が早い部品です。 そのため定期的に交換する必要がありますが、パッ...

レバーハンドルから水漏れ

レバーハンドルは、水を流す時にひねる、トイレタンクの右上についているレバーのことです。

みなさんがトイレを使う時に一番触れる場所ですが、このレバーハンドルから水漏れしている場合に、考えられる原因は主に2つあります。

内側に付いたパッキンの劣化、またはトイレタンク内にあるオーバーフロー管の破損が考えられます。

オーバーフロー管の交換方法

レバーハンドルのパッキンの老朽化が原因であれば、パッキンを交換することで修理できます。オーバーフロー管の破損が原因であれば、こちらもオーバーフロー管を交換することで解決しますが、一度止水栓を止めて、トイレタンクの蓋を外す必要があるなど少々手間がかかります。

あわせて読みたい
5分でわかる!トイレのオーバーフロー管の交換方法 私たちが普段から毎日使用するトイレにはさまざまな部品があり、その部品が故障することは水漏れなどのトラブルを引き起こすことにつながります。 この記事では、「オー...

タンクの中で水が止まらない

トイレを使うとき、チョロチョロとタンクに水を溜める音が止まらない、ということがあると思います。その場合、タンク内にあるオーバーフロー管、ゴムフロートまたはボールタップのうちのどれかが破損していると考えられますが、主にボールタップの破損が原因である場合が多いです。

ボールタップの交換方法

ボールタップとは、給水管から運ばれてくる水の量を調整している部品です。

タンク内の浮き球と連動して、タンクの水位が上がったら水を止める、水位が下がったら給水するという働きをしますので、ボールタップが壊れると給水されない・給水が止まらないといったトラブルが発生します。

ボールタップは消耗品なので、劣化や破損があれば、タンク内の水を抜き、ボールタップを取り外して新しいものと交換する必要があります。

あわせて読みたい
自分でできる!トイレのボールタップ交換方法と注意点 毎日使うトイレが故障すると焦ってしまいますし、修理にいくらかかるか急な出費も不安ですよね。 実はトイレタンクの故障は部品を交換するだけで解消される場合も多く、...

水道会社を依頼した際の修理費用

自分で修理する以外にも、業者に頼んで修理してもらう方法がありますが、修理費用は水漏れの症状によって料金が異なります。

トイレタンクの水漏れの修理は、部品の交換がメインになるため、部品代と工事料金が修理費用に含まれます。

また、トイレタンクのフタを外さず修理できるパッキン修理などは、比較的安価で行なえますが、トイレタンクの蓋を外して作業する修理はやや値段が高くなります。なお、水道会社によっては基本料金や出張費が別途でかかる場合があるので注意しましょう。

パッキン交換1,000円〜3,000円
ボールタップ交換5,000円〜7,000円
オーバーフロー管交換5,000円〜7,000円
ゴムフロート交換5,000円〜7,000円

パッキン修理

給水管からの水漏れは、大半の原因がゴムパッキンの劣化により引き起こされます。また、レバーハンドルから水漏れする際も、内側のパッキンの劣化が考えられます。

このような場合はパッキンを交換することで水漏れが解消でき、費用は1,000円〜3,000円程度が相場となります。

ボールタップ修理

トイレタンク内でチョロチョロと音がして水が止まらなくなるのは、大半の原因がボールタップの破損であることは前述しましたが、トイレタンク内にあるボールタップを交換する必要があるためやや値段が高くなり、5,000円〜7,000円程度が相場となります。

オーバーフロー管修理

レバーハンドルから水漏れする場合には、オーバーフロー管の破損も考えられます。オーバーフロー管の修理は、トイレタンク内にあるオーバーフロー管を交換する必要があります。

費用は5,000円〜7,000円程度が相場になります。

ゴムフロート修理

トイレタンク内で水が止まらなくなったら、ごくまれにゴムフロート(フロートバブル)の破損が原因である場合があります。

ゴムフロートの修理は、トイレタンク内にあるフロート弁を交換する必要があり、費用は5,000円〜7,000円程度となります。

まとめ

この記事では、トイレタンクで水漏れの起こる原因と修理方法についてご紹介しました。ホームセンターなどで必要な部品を購入することもできるので、簡単な修理であれば自分で対処することもできそうですね。

とはいえ、無理をすると不具合の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。工具を使った作業に慣れていない、自分で修理するのは不安という場合は、専門家である水道会社に依頼して修理してもらいましょう。

目次
閉じる