【仙台市青葉区】トイレタンクの水漏れ修理はお任せください!

何分経っても「チョロチョロ・・・」と音がしている、気がついたらトイレタンクから水漏れがしていたなど、日常での水回りトラブルはとっても困りますよね。

本記事では、トイレタンクの水漏れでお困りの方に向けてよくあるトラブルの原因からその対処方法までをご紹介します。

これを読めば、トイレタンクから水漏れが起こった際の対処方法が分かります!

仙台市青葉区でお住まいのトイレタンクの水漏れでお悩みの方は、ぜひ参考にご覧ください。

トイレタンクからの水漏れ箇所と状態

トイレタンクからの水漏れ箇所と状態によって対処方法が異なります。

一般的なトイレではタンクの蓋を外すと、中の様子を覗くことができます。まずはご自身で中の様子を確認してみましょう。

トイレタンク内で水漏れが起こりやすい箇所はこちら。

  • レバー部分
  • 手洗い管
  • トイレタンク蓋の部分
  • 止水栓や給水栓
  • オーバーフロー管
  • ゴムフロート

トラブル内容によっては自分でできるものもありますので、どの箇所にどんな異常があるのかを確認し、それぞれの修理方法を探しましょう。

トラブルの原因

トイレタンクからチョロチョロと水が流れている原因の8割は、ボールタップ部分の異常からくるものです。

ボールタップ部分は、給水管からトイレタンクへ水をためる役割をしており、オーバーフロー管はトイレタンクから便器内への給水を調整する役割を担っています。

具体的には以下のような原因がありました。

  • ボールタップ部分(浮き球)の故障
  • ボールタップ本体やゴムパッキンの劣化、故障
  • その他、サビや汚れによる経年劣化

ボールタップはトイレの給水量を決める部分であり、トイレタンクの水漏れの原因として最も多い場所です。
水漏れかな?と感じた場合には、まずはボールタップ部分を確認してみましょう。

トイレタンク水漏れの修理方法は?

ここでは、トイレ水漏れの主なトラブルであるボールタップが原因の水漏れ対処法・修理方法をお伝えします。

ボールタップ部分の劣化・故障の場合

トイレタンクの水漏れ原因の8割がボールタップ部分の故障です。

浮き球がアームから外れている場合や引っかかっている場合は、何度かレバーを上下に動かすことで直ることもあります。

ボールタップの劣化や故障が原因の場合、素人が修理を行うのは難しいためプロに依頼することがおすすめです。

しかし、ボールタップ本体まるごとを購入して交換する方法であれば、素人であっても修理が可能です。

【ボールタップの交換手順】

  1. 止水栓を締める
  2. 給水管とボールタップ本体を離す
  3. ボールタップ本体をタンクから外す
  4. 新しいボールタップを付ける

トイレタンク水漏れ修理時のポイント

ここで、修理時に気をつけてほしいいくつかのポイントをご紹介します。

ポイント①:止水栓か水道の元栓を締める

水漏れに気づいたらまずは止水栓か水道の元栓を止めましょう。

たとえ、チョロチョロの水漏れだったとしても床や壁が傷み、カビの原因ともなります。止水栓は、タンクから出る管と壁のつなぎ目にある場合と床にある場合があります。

ポイント②:ボールタップの形状には注意

交換後の故障を避けるためにもボールタップは、同じ形状ものを交換しましょう。

メーカーサイトから品番を検索して取り寄せるのが確実な方法ですが、古い便器では廃盤の場合もあります。

メーカーに取り扱いがない場合でもネットショップやホームセンターで3〜4000円ほどで購入することができます。

使用しているメーカーと異なるボールタップを購入する場合は、手洗い付きか手洗いなしかによって形状が変わりますので、対応品番をよく確認してから購入するようにしましょう。

仙台市青葉区でのトイレタンクの水漏れ修理はお任せ!

水漏れ箇所と状態によって対処方法が異なります。どの箇所にどんな異常があるのかを確認し、それぞれに合った修理方法を探しましょう。

マルキンクリーンでは、緊急を要する水漏れ修理にも365日24時間対応しています。

仙台市青葉区でトイレタンクの水漏れにお困りの方は、ぜひ当社へ修理をご依頼下さい!