洗濯機の水漏れを起こしやすい箇所8選!対処法は?【原因から直し方まで徹底解説】

毎日使用する洗濯機が、突然水漏れしたら焦りますよね。「どこから水漏れしているのか」「自分で対処できるのか」「業者を呼んだほうがいいのか」判断に迷う人が多いでしょう。

今回は、洗濯機から水漏れしたらやるべき行動や、原因と対処法などを紹介します。実は洗濯機の水漏れは自力で直せるケースも多いものです。とはいえ、業者に依頼すべき水漏れもあります

その場合どこに連絡したらいいのか、修理費用の相場もお伝えするので、洗濯機の水漏れを早く解決したい人はぜひ参考にしてください。

洗濯機から水漏れしたらすぐにやるべき行動

洗濯機の水漏れでやるべき行動とは

洗濯機から水漏れしたら焦りますが、まずは冷静になって水の流れを止めましょう。

洗濯機の専用蛇口は「ハンドル」と「つまみ」の2種類がほとんどです。ハンドルの場合は時計回りに、つまみの場合は左右どちらかに回せば閉まります。

洗濯機の水漏れがひどい、流れっぱなしなどのときは、元栓も閉めると床に水が飛び散る心配がありません。

元栓は一般的に、水道局が検針の際に確認する水道メーターの横に設けられています。

アパートやマンションなどでは、外の共有スペースのガスメーター横に取り付けられている場合が多いです。ただし、扉でおおわれているときは、鍵や専用ハンドルなどが必要になることがあるため、開けられないときは速やかに管理会社に問い合わせましょう。

洗濯機からの水漏れはここをチェック!考えられる原因と対処法

洗濯機が水漏れしやすい箇所と原因を、下の表にまとめました。後半では、水漏れ箇所別の対処法も紹介しますので、自身の状況と照らし合わせてみてください。

(水漏れ箇所) 原因
①給水栓のナット部分
  • ナットが緩んでいる
  • パッキンの劣化
②給水ホース
  • 接続部分のズレ
  • パッキンの劣化
③排水ホース
  • ホースの破損・ひび割れ
  • 逆勾配になっている
  • ゴミ詰まり
④排水管のエルボ部分

(下からの逆流も)

  • 排水口とエルボの差し込み方が不十分
  • エルボの劣化
⑤洗濯機本体
  • 部品の劣化
  • 洗濯槽の破損・ひび割れ
  • ゴミの詰まり
⑥洗剤ケース付近(ドラム式) 洗剤が固まってこびりついている
⑦糸くずフィルター付近(ドラム式) 汚れによる目詰まり

洗濯機の水漏れはいくつかの原因がありが、自分で修理できるケースもあります。

どのように直せるのか、洗濯機の水漏れ箇所別の対処法を以下にお伝えするので、参考にしてください。

①給水栓のナット部分

ナットのゆるみが原因で起こる水漏れは、モンキーレンチを使用してナットを締め直します。それでも直らなかったら、ゴムパッキンの交換が必要です。

ゴムパッキンはニトリやドン・キホーテ、カインズやコメリなどのホームセンターで入手でき、交換は比較的容易にできます。

蛇口のニップル交換

ニップルとは、蛇口と給水ホースを接続するためのジョイント部のことで、長年使用しているとゆるんできます。

モンキーレンチでニップルを締め直すと水漏れが解消されるケースもありますが、ネジ部分が古く硬くなっていると、交換が必要です。

②給水ホース

給水ホースにゴミや汚れなどがたまっていた場合、掃除をすると水漏れがピタッと止まることがあります。

掃除方法は簡単で、給水ホースを一度洗濯機からはずして内部の汚れを洗い流します。

その際、下記の水抜き作業が必要です。

  1. 水道の蛇口を閉める
  2. 洗濯機のふたを閉めてから、本体の電源を入れる
  3. 「水量」ボタンを押してから「スタート」を押す
    ※水量ボタンがない機種は、そのまま「スタート」ボタンを押す。
  4. 「スタート」ボタンを押してから約10秒ほど経ったら電源を切り、洗濯機から給水ホースをはずす。

洗濯機の給水ホースは丈夫な素材でできているものの、経年劣化で亀裂が入っていたら交換が必要です。

③排水ホース

排水ホースのつまりや汚れが原因で水漏れしているときは、ホースの中を洗い流すことで改善します。

排水ホースを掃除をする際は、除菌洗浄ができる酸素系漂白剤でのつけ置き洗いがおすすめです。歯ブラシやスポンジなどでゴシゴシ洗うと、ホースを傷めてしまう恐れがあるで使用は控えましょう。

排水ホースの掃除には、以下の準備が必要になります。

  • 漂白剤
  • じょうろまたはやかん(注ぎ口が小さいもの)
  • バケツまたは洗面器のような桶
  • ラップ
  • 輪ゴム(1〜2本)

掃除方法の手順は、以下のとおりです。

  1. 酸素系漂白剤を水で50倍ほどに薄めた液体をつくる
  2. 排水口からホースを外す(中に水が残っている可能性があるので雑巾の準備を)
  3. ラップと輪ゴムを準備(ホースの先端をふさぐのに必要)
  4. ホースに1でつくった漂白剤を入れる
  5. 排水ホースの先端部分にラップし輪ゴムでとめる
  6. 30分ほどつけ置きする
  7. 30分経ったらホースを振り洗いする。
  8. 2〜3回ほど排水ホースを洗い流して完了

洗い流した排水ホースは乾燥させる必要がなく、そのまま排水口にセットします。

④排水管エルボ部分

排水エルボとは、排水口と排水ホースの間の接続に使用される、L字型の部品です。

排水口のエルボ部分の水漏れは、エルボのネジと排水口の間の隙間が原因ならネジを締め直します。

一方、排水ホースとエルボの間に原因があるときは、ビニールテープやガムテープでしっかり固定すると水漏れは解消するでしょう。

⑤洗濯機の下や洗濯機本体

洗濯機の下や洗濯機本体の水漏れは、原因が複雑なため、誤った判断で対処すると故障の原因や悪化の原因になり兼ねません。

速やかに業者に連絡し、点検や修理の依頼をしましょう。

⑥洗剤ケース周囲(ドラム式)

ドラム式洗濯機の場合、洗剤ケース付近で水漏れが起こることもたまにあります。

原因は洗剤ケースに固まった洗剤で、給水されたときに残った洗剤がはがれて洗濯機内部に詰まると、水漏れが起きやすくなります。

対処法は、洗剤投入口に洗濯洗剤や柔軟剤が乾燥してかたまっていたら、お湯で流すのが有効です。

もしも、洗濯洗剤や柔軟剤がしっかりとこびりついていたら、ぬるま湯に10分程つけ置きしブラシやスポンジなどでゴシゴシ洗ってください。

洗剤投入口の奥の汚れは、柄の長いブラシもしくは雑巾などで拭き取りましょう。

⑦糸くずフィルター周囲(ドラム式)

排水(糸くず)フィルターは洗濯機正面の下部に設置されており、手で開閉できる扉を開けた部分にあります。

糸くずフィルターに汚れやほこりがたまって目詰まりしていると、水漏れの原因になってしまうので定期的な点検を行いましょう。

ただし、排水フィルターを取り出すときは、水があふれだし床が水浸しになる恐れがあるので、バケツを設置しながら取り出すと安心です。

念のためにタオルや雑巾も用意しておくと、床が汚れたときすぐに拭き取れます。

洗濯機の水漏れ修理を業者に依頼する際の費用相場

洗濯機の水漏れ費用の相場とは?

洗濯機の水漏れ修理の費用は主に「蛇口」「排水ホース」「排水口」の3つに分かれています。

具体的にどれくらいかかるのか、水漏れ修理を業者に依頼する際の費用相場を以下の表にまとめました。

(修理箇所) 修理費用の相場
蛇口のハンドル 8,000~20,000円 コマパッキン交換が必要なときは別途 1,000~3,000円
ニップル(=蛇口と給水ホースを接続する為のジョイント部) 6,000~8,000円
壁とのつなぎめ 8,000~13,000円

蛇口代別途9,000~25,000円

給排水ホース(亀裂) 4,000~8,000

部材代別途3,000~5,000円

給排水ホース(交換) 5,000~8,000円

ホース代別途 2,000~4,000円

排水口(つまり除去) 8,000~13,000円 ローポンプを使用すれば別途費用がかかる
排水管(高圧洗浄) 25,000~50,000円

業者によっては出張費用や点検費用がかかることがあります

また、蛇口交換は製品によって料金が大きく異なりますので、上記の費用相場はあくまでも一つの参考と考えてください。

洗濯機の水漏れ修理を業者に依頼する際の連絡先

洗濯機の水漏れ修理の依頼先を紹介

洗濯機の水漏れは自力で直すのに少しでも迷ったら、速やかに業者への依頼をおすすめします。とはいえ、どの業者に修理を依頼したらいいのか分からない人も多いことでしょう。

そこでこの項では、洗濯機の水漏れ修理に対応できる連絡先を3つをお伝えします。

電気店や家電修理業者

洗濯機を購入して数週間しか経っていないのに水漏れしたときは、設置に問題がある可能性があります

たとえば給排水ホースの設置が甘いと、使っているうちに接続部分がゆるんできてある日突然ホースがズレて水漏れが起きることも少なくありません。その場合は購入した電気店に連絡するのがスムーズです。

また、家電修理の専門店が近くにあれば、点検や修理依頼ができます。

メーカー修理サポート

洗濯機本体の水漏れ修理なら、メーカー修理サポートに連絡するのが確実です。メーカー保証期間内であれば無料修理も考えられます。

購入した電気店に修理依頼した場合でも、結局はメーカー対応になるケースがほとんどです。

一方、洗濯機を購入した電気店の保証期間内であれば、購入先に連絡するのがよいでしょう。

水道修理業者

洗濯機の給排水のホースからの水漏れや、原因不明のときは、技術の確かな水道修理業者に依頼するのが一般的です。

水道修理業者は水回りトラブルを解決するプロであり、洗濯機の点検や水漏れ修理に快く応じてくれます。

ただし、水道修理業者の中には高額請求や不要な工事を進めてくる悪徳業者の存在も。とくにマグネットやネット広告などには注意が必要です。

優良業者を見極めるには、地元の業者を選ぶ、かつ口コミや評判、実績などを調べる方法があります。下記ぜひ参考にしてみてください。

洗濯機の水漏れを安く早く解決するなら

 

洗濯機の水漏れ修理業者の選定に悩む女性

洗濯機の水漏れ修理は「地域密着型で料金の目安が明確な業者に頼みたい」。

このようにお考えの方は、宮城・福島対応!地元密着型の水道局指定工事店『マルキンクリーン』へお気軽にご相談ください。マルキンクリーンは地域密着型の水道局指定工事店で、戸建てから共同住宅、店舗などありとあらゆる水回りのトラブルを解決してきました。

宮城県・福島県エリアなら、最短30分で到着。洗濯機の水漏れのほか、トイレやキッチン、お風呂などの水回りトラブル全般に対応いたします。

✔マルキンクリーンおすすめポイント

  • LINEやメールなどで24時間365日受付対応可能
  • 基本料金が3,300円からと低価格
  • 出張・見積もり費用一切不要
  • WEB限定割引3,000円が適用
  • 年間実績1,500件で経験豊富

まずはお電話のほか、無料問い合わせフォームLINEからお気軽にお問い合わせください。

\お気軽にご相談ください!/

    お名前(名字だけでOK)必須

    電話番号 必須

    個⼈情報保護⽅針に同意して

    24時間365日対応! 出張・お見積もり無料! ※深夜帯(22時~5時)は出張費・見積費をいただく場合があります。 

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891
    ※深夜帯(22時~5時)は出張費・見積費をいただく場合があります。