【仙台市太白区】台所の排水つまり解消ならお任せ!

「台所の水が流れない」「台所の排水管から悪臭がする」

など、仙台市太白区にお住まいの方で台所の排水管をいくら掃除しても、改善がみられないとお困りの方はいらっしゃいませんか?

毎日使う台所だからこそ、排水管につまりがあった場合にはいち早く改善したいものですよね。

本記事では、台所の排水つまりが起こった場合にできる対処の方法をご紹介します。

台所の排水つまりでお困りの方はぜひ最後までご覧くださいね。

台所の排水が詰まっている原因

台所の排水つまりで多い原因トップ3はこちら。

  • 油汚れ
  • 食材のカス
  • 洗剤・石鹸の溶け残り

中でも最も多い原因は油汚れが原因となる排水トラブルです。

食器やフライパンに付いた油を洗うことで、日々油汚れが排水管へ流れていますが、油は水に溶けず、粘着度が高い液体です。排水溝や排水管に流してしまうとその周囲にへばりつき、水の流れを悪くしてしまいます。

食器やフライパンに付いた油はキッチンペーパーで拭き取ってかtら洗い流すなど、日頃から油を極力シンクで流さないように心がけることで排水つまりを予防することができます。

台所の排水つまり修理方法

いざ、台所の排水がつまってしまったらどのように対処すればいいのでしょうか。

専門業者を呼ばずに自分で解決できたら助かりますよね。

そこで自分でできる排水つまり解消方法をご紹介しますので、修理業者を呼ぶ前に以下の方法を実践してみてください。

  1. 市販のパイプクリーナーで解決する
  2. 重曹とラバーカップを使用する
  3. お湯とタオルを使う

市販のパイプクリーナーで解決する

流れが悪い状態でまだ完全に排水管がつまっていない状態であれば、市販のパイプクリーナーが有効的です。

市販のパイプクリーナーは粉状のものと液体タイプのものがありますが、液体タイプは汚れに絡みやすく奥まで浸透しやすいので、粘度の高い液体タイプの購入がおすすめです。

また、使用前に排水管に熱湯を流しておくとより高い効果が得られますが、中にはお湯の使用を禁止している商品もありますので、必ず使用する前には用法を確認して説明書通りに使用しましょう。

ラバーカップを使用する

排水が完全につまってしまった場合でも、トイレに使用するラバーカップで解消されることがあります。

いろいろ試しても駄目だったけど、ラバーカップを使用すると案外簡単に改善されたというケースもあります。

ラバーカップは100均などで手に入れることができ、つまりを解消するにはとても有効的な方法です。

お湯とタオルで排水つまりを解消する

パイプクリーナーやラバーカップは手元にないけど、すぐに排水のつまりを解消したいという方におすすめの方法です。

まず、排水溝にある排水トラップを外し、排水管を露出させます。その排水管の入り口にタオルを詰めて水が排水管に入らないようにし、シンクに6〜7割ほどのお湯(40〜50℃)を溜めます。

お湯が溜まったら、タオルを抜いて排水管に一気にお湯が流れます。つまりの原因である異物や油汚れも、排水管に流れ込む水圧で流すことができます。

軽い排水つまりであればこの方法でも解決することができます。手軽にできる方法なのでぜひ一度試してみて下さい。

台所の排水つまり解消のポイント

排水つまりの多くの原因は、油汚れの蓄積ですのでお湯を使うことがポイントです。

油はお湯をかけることで柔らかくなり、排水管の中でこびりついている油汚れが格段に流れやすくなります。

ただし、一般的に排水管に使用されている塩化ビニルの耐性温度は約60℃。これ以上高い温度で流してしまうと、排水管が傷んでしまう原因になりますので、お湯は60℃以下に設定して流しましょう。

仙台市太白区での台所の排水つまり修理はお任せ!

今回はその場ですぐに実践できる台所の排水つまり解消方法を3つご紹介しました。

  1. 市販のパイプクリーナーで解決する
  2. 重曹とラバーカップを使用する
  3. お湯とタオルを使う

自力での修理をいろいろと試みても改善が見られない頑固な排水つまり修理は、専門業者に任せましょう。

プロならではの修繕方法でこびりついた油汚れや洗剤・食材カスなどの排水つまりをすっきり綺麗に解消することが可能です!

仙台市太白区にお住まいの方で、台所の排水つまりにお困りの方はぜひマルキンクリーンにお任せ下さい!