トイレのボールタップの交換費用は?自分での交換方法も解説

トイレタンクから水漏れが起きているのは、ボールタップが劣化、故障しているのかもしれません。トイレの中は意外に細かい部品がたくさんあるので、自分ではなく業者に依頼することがポイントです。

そこで今回は、トイレのボールタップを交換する際にかかる費用をご紹介します。交換する流れも併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

トイレのボールタップとは

まずはトイレのボールタップについて見ていきましょう。

ボールタップは水が流れる際に、トイレのタンクの中にあるボールタイプが下に降りることで水が溜まります。そして、水とともにボールが上昇することで給水が停止し、元の水の量に戻ります。

ボールタップがあることでタンク内に水を貯められ、流すことが可能になるのです。

ボールタップの交換の目安

ボールタップ交換する時期の目安となるのが、トイレの水の流れが弱くなったときです。

水に溶けないものや溶けにくい固形物を流したわけではないのに、水圧が弱くてなかなか流れない場合は、タンク内のボールタップが劣化、故障しているのかもしれません。

ボールタップが故障するとタンク内に十分な量の水を貯められなくなるので、流す際に影響が出てくるのです。

何か固形物を詰まらせたわけでも、大量のトイレットペーパーを流したわけでもないのにトイレの流れが悪くなった場合は、タンク内のボールタップを確認してみてください。

実際に水を流してみて、タンクが下りたり上がったりしていなければ交換の時期だと言えるでしょう。

なるべく早めに交換したほうが、被害を大きくさせずに済みますよ。

ボールタップの交換にかかる費用

ボールタップを交換するとなれば、やはり気になるのが費用ですよね。

ボールタップを自分で交換する際は部品代工具代だけで良いのですが、業者に依頼する際は出張代修理代などが必要になります。

自分で交換する場合と、業者に依頼する場合とで分けて必要になる費用を見ていきましょう。

自分で交換する場合

自分で交換する場合はボールタップ代工具代のみになります。ボールタップはホームセンターやネットで購入できるのですが、商品によってその価格は様々です。

基本的には2,000円から5,000円程度のものが多いですね。

安いものを購入すれば総合的な費用は抑えられますが、耐久性が悪ければすぐに劣化してまた交換が必要になる場合もあります。

ボールタップを購入する際は、耐久性もしっかり確認しておくことが大切です。

また、工具がない場合は別途購入しなければいけません。工具もグレードによって価格は異なるものの、安いからといって品質が悪いわけではありません。

ボールタップを交換する際に必要になる工具などの費用は以下の通りです。

  • マイナスドライバー… 500円程度
  • モンキーレンチ… 1,000円程度
  • ウォーターポンププライヤ… 2,000円程度

ボールタップ代と合わせても、一万円以内で交換できるでしょう。

ただ、トイレにも細かい部品がたくさんあるので、誤った方法で交換すると違うトラブルを引き起こす可能性があります。

配管などを傷つけるとより高い修理費用が必要になるので、業者に依頼したほうが安く済ませられるケースもあります。

業者に依頼する際にかかる費用

水道業者によって交換費用は異なるものの、相場としては税込み5,500円〜となります。

ボールタップは自力で交換することもできますが、場合によっては水道業者に依頼したほうが安く済ませられます。

水道業者に任せればスムーズに交換してくれますし、他のトラブルが起きる心配もないでしょう。

ボールタップには2種類ある

ボールタップにも種類があります。トイレの故障状況に合わせて、どんな種類のボールタップを購入するか決めると良いでしょう。

正規品

1つ目はメーカーから取り寄せた「正規品」です。

耐久性が高く質の良いボールタップを使いたいなら、直接メーカーから正規品を取り寄せてもらうことがおすすめです。

実はボールタップにはいろいろな種類があり、家のトイレのタンクにあったものでなければスムーズに交換できない可能性があります。

正規品なら適合率が圧倒的に高いので、安心して交換できますよ。

メーカーのサイトには交換品や型番なども詳しく記載されているので、家のトイレに合ったものを注文しやすいのもポイントです。

ただ、手元に届くまで少し時間がかかるのがデメリットですが、大きなトラブルがまだ起きていないのであれば正規品を取り寄せると良いでしょう。

汎用品

ホームセンターやネット通販サイトで購入できる種類を「汎用品」と呼んでいます。

正規品よりも品揃えが豊富ですし、すぐに手元に入りやすいのが魅力ポイントです。

また、トイレのタンクにあったボールタップがわからない場合は、実物を持ってスタッフの方に質問すれば適合する商品を教えてくれます。

メーカーから直接取り寄せなくても、適合率が高いボールタップを手に入れられますよ。

ただ、家のトイレに使われているボールタップが取り扱われているかどうかは分かりません。

ボールタップのパッケージには対応機種が記載されているので、購入する前に確認しておくことが大切です。

ホームセンターならすぐ手に入るので、緊急性の高い修理が必要な場合はとてもありがたいですね。

トイレのボールタップを交換する前に…

ここからは自分で交換しようと考えている方のために、ボールタップを自力で交換するポイントをご紹介します。

まずはボールタップを交換する前にやらなければいけないことがあるので、その2つのポイントを説明していきます。

トイレタンクの給水を止める

まず初めにトイレタンクの給水をストップさせてください。トイレの中に止水栓があるので、閉めれば簡単に給水を止められます。

ただ、止水栓の種類によってはマイナスドライバーが必要になるものもあります。工具が必要となる場合は、事前に準備しておきましょう。

トイレの給水を止めるためにも、水が完全に止まるまで止水栓を回し続けてください。この時、何回まわしたか覚えておくと良いですよ。

後から止水栓を開いたときに水の量を調整しなければいけないので、何回まわしたか覚えておくことで、簡単に調整できるでしょう。

道具を準備する

次に以下の道具を準備してください。

  • 交換するボールタップ
  • ドライバー
  • モンキーレンチ
  • サビ取りスプレー
  • ゴム手袋

ドライバーはマイナスドライバーとプラスドライバーの両方を用意しておくと、スムーズに交換できますよ。

トイレのボールタップの交換手順

トイレのボールタップの交換手順は以下の通りです。

  1. タンクの中にあるボールタップを取り出す
  2. 新しいボールタップを取り付ける
  3. 止水栓を開いて水を流す
  4. 動作確認して、問題がなければ交換完了

交換手順はこの4つのステップだけです。ただし、タンクの中にもいろいろな部品があるので、取り出す際は絡まないように注意しなければいけません。

他の部品に絡まると、その部品が故障する場合もあるので、慎重に行動する必要があります。

新しいボールタップを取り付ける際も、他の部品に絡まないように注意して交換しましょう。

最後は止水栓を開いて、通常通りトイレが作動するか確認してください。

交換しても動作しない場合は業者に依頼する

最後に動作確認をしても、トイレの水が流れないことがあります。また、交換する際に近くにある部品が破損するケースも少なくありません。

そのようなトラブルが起きた場合は、速やかに業者に依頼した方が良いでしょう。自分で対処しようとするとより被害を大きくさせてしまうかもしれません。

最初から業者に依頼しておけば失敗なくスムーズに交換してくれるので、リスクを減らせますよ。

業者に依頼すると費用はかかりますが、上記でお伝えしたように自分で交換するのと比べてもそんなに差はありません。

逆に修理代で高くついてしまう場合もあるので、自分で交換するのが不安な方は業者に相談してみると良いでしょう。

相談して話し合った上で、業者に依頼するか決めると安心ですよ。

まとめ

ボールタップは自分で交換もできますが、業者に依頼することをおすすめします。

心配なく安全に交換してくれますし、ボールタップや工具を購入するよりも安く費用が抑えられるかもしれません。

心配な方は見積もりだけでも出してもらうと良いでしょう。

ボールタップを自分で交換する際は、周りの部品に充分注意しなければいけません。雑に扱うと周りの部品が壊れて修理する羽目になってしまいます。

修理が必要になると余計に費用が高くなるので、損してしまうでしょう。

自分で交換する際は周りの部品を傷つけないように、慎重に行うことが大切です。

目次
閉じる