汚水枡があふれたら自力で解消できる?対処法は?【費用負担についても解説】

この記事では、汚水枡(おすいます)があふれてしまった場合の対処法について徹底解説します。

特に戸建てにお住まいの場合、汚水枡のトラブルが起きると大変です。水回りに影響があるだけではなく、汚水枡周辺の臭いがご近所迷惑になってしまうことも多々。

そんな汚水枡があふれる原因からについて詳しく説明していきます。あわせて、緊急性の高い汚水あふれを業者にトラブル解消を依頼した場合の料金相場もお伝えするので、参考にしてください。

汚水枡とは?【溢れたら自分で対処すべき?】

フタに「おすい」「汚」などと書かれたものが地面にあれば、それが汚水枡です。汚水枡は、正式には「排水枡」の1種ですが、排水枡一般、「汚水枡」と呼ばれることが多いでしょう。

戸建ての敷地内には、水回りごとに1個の排水枡(汚水枡)が設置されています。トイレ、浴室、洗面所、キッチンなどです。

以上のような水回りごとの汚水枡とは別に、雨水を集める雨水桝、会所桝(かいしょます)、泥溜桝(どろだめます)といった排水桝が設置されています。

排水枡は、ほとんどの場合、敷地内に設置されており、住宅の所有者(水道の契約者)が管理しなくてはいけません。

公共枡とは

排出された汚水は、各汚水桝を通って、公共枡に排出されます。公共枡に排出されたあと、下水道を通って下水浄化センターや処理施設で洗浄されるシステムです。

公共枡は自治体が所有する枡で、フタに自治体の市章や自治体名の頭文字(漢字1文字など)が刻印されています。

公共枡は道路側から1m以内の敷地内にありますが、自治体が責任をもって管理する枡です。公共枡から汚水が溢れていたら、すぐに水道局に知らせてください。

アパートやマンションの汚水枡

賃貸のアパート・マンションの場合は、管理会社・大家さん、分譲マンションは、管理会社が汚水枡の管理をしています。

管理費・共益金で汚水枡のメンテナンスを、管理会社が水道修理業者に依頼しているので、基本的にトラブルが起きることはほぼありません。

もし、住宅内のつまり解消を試してもつまりが解消しない場合は、汚水桝に問題がある可能性があるので、管理会社に連絡してください。賃貸の場合は、大家さんに知らせましょう。

点検や修理の作業拠点となる汚水枡

汚水枡が設置されている目的を説明します。主な役割は、次の2点です。

  • 一時的に住宅内からの汚水を溜めておく
  • 排水管の不具合を点検しやすくする

住宅内の汚水が排水管に直接流れて、公共枡に流れると、水回りのどの箇所に問題があるのか分かりにくいので、汚水枡が設置されています。

水道管の場合は、通常、以下の図のように「メーターボックス」が修理者を分ける基準点です。メーターボックスより住宅側の水道管は住んでいる人が責任をもって修理しなくてはいけません。

一方、メーターボックスより道路側は、自治体の水道局が修理します。水道管修理の費用負担について修理箇所による違いを図示【メーターから自宅側の敷地なら修理代は自己負担】

しかし、汚水枡の場合は、ーターボックスより道路側に設置されていても、住んでいる人が修理の責任者です。

一方、公共枡がたまたま敷地内の水道ボックスより住宅側にあっても、水道局の責任で修理されます。

汚水枡が溢れた際のつまり箇所特定方法

汚水枡は、水回りごとに設置されており複数あるので、どこでつまりが発生しているかを特定する必要があります。

汚水枡のフタの上に大きな植木鉢を置いたり、草が生えて覆っていたりして、どこに汚水桝があるか見つけにくくなっているかもしれません。敷地内のどこかに汚水枡のフタがあるので、車庫も含め全体を探してください。

汚水枡のフタが見つかったら、フタを開けて汚水が溜まっていないか確認します。つまっている箇所は、汚水が溜まっている枡と溜まっていない枡をつなぐ排水管です。

汚水枡が溢れた際の復旧・掃除方法【5ステップ】

汚水枡が溢れた場合に、ご自分で対処する方法を解説します。

1.掃除に必要な道具を揃える
⒉汚れた道具を置く場所を確保
⒊汚水桝のフタを開ける
⒋汚水枡の中の汚れを取り去る
⒌排水管をきれいにする

以上の流れで、溢れた汚水枡を復旧していきます。ステップごとに詳しく説明するので、参考にしてください。

1.掃除に必要な道具を揃える

掃除を始める前に、以下の必要なものを全部揃えておきましょう。

  • マイナスドライバー
  • スコップやひしゃく
  • 網状のかご・三角コーナーなど(掬い取ったゴミの水分を除去するため)
  • 柄のついたたわし・スポンジ
  • 新聞紙を入れたゴミ袋
  • 雑巾・ボロぎれ
  • 散水ホース、または高圧洗浄機
  • 台所用洗剤(中性洗剤)
  • 汚れても大丈夫な衣類
  • マスク
  • ゴム手袋かビニール手袋

作業後にお風呂に入れるように用意しておくと、安心です。作業中に着用する衣類は、作業後に洗っても臭いやシミが取れな行くなるかもしれません。捨ててもいいような衣服を着用しましょう。

⒉汚れた道具を置く場所を確保

作業中に使った道具は、必ずといっていいほど汚物で汚れてしまいます。その辺に置くと、シミになる可能性があります。水を入れたバケツを置いておくと、便利です。使った道具を入れたり、軽く手を洗ったりできます。

また、汚水枡の掃除で臭いが広がるかもしれません。ご近所に、汚水枡の掃除をする旨を伝えておくといいでしょう。

⒊汚水桝のフタを開ける

つまりのある汚水枡とその一つ住宅寄りの汚水枡のフタを開けます。汚水枡のフタに取っ手がついている場合は、取っ手を引っ張ります。

汚水枡のフタに取っ手がない場合は、フタの切り欠き(隙間)にマイナスドライバーを差し込んで、てこの原理で持ち上げて開けます。

汚水枡のフタが硬くて開けにくい場合は、フタの一部を金槌(かなづち)で軽く叩くと開けやすくなるので試してみてください。

⒋汚水枡の中の汚れを取り去る

溢れている汚水枡の汚物を取り去ります。

  1. ひしゃく、またはスコップを使って汚水枡の表面に浮いている汚れをすくう
  2. 汚物を一旦ザル状のものに取り出し水気を切る
  3. 汚物を新聞紙を入れたゴミ袋に移す
  4. L型の部品「エルボ」を取り外す(汚水枡の底が見えるようになる)
  5. 底に沈澱した汚物を取り除く

取り外したエルボは、水を張ったバケツに入れておきましょう。

⒌排水管をきれいにする

次に、汚水枡をつなぐ排水管の掃除方法です。

  1. 排水管で繋がっている次の汚水枡から詰まっている汚水桝に向かって散水ホースで水を流す
  2. ワイヤーブラシを排水管に挿入して、こびりついた汚れを取り除く
  3. 溢れた汚水枡に台所洗剤を垂らして、長めの柄のついたたわしでこすってきれいにする
  4. バケツに入ったエルボも、台所洗剤とスポンジでよく洗う
  5. エルボを設置し、汚水桝のフタをして終了

散水ホースの代わりに、高圧洗浄機を使うとさらに効果的です。

汚水枡が溢れた際の注意点3つ

溢れた汚水枡の修理方法を解説しましたが、以下のような3つの注意点があります。

  • 悪臭がものすごく我慢できない人が多い
  • 服に悪臭や汚水が染み込む
  • 原因によっては解消しない可能性も

大変な作業なので、以上のことを知って、ご自分で対処するか、水道修理業者に解消を依頼するか決めましょう。

それぞれについて、もう少し詳しく解説します。

悪臭がものすごく我慢できない人が多い

汚水枡のつまりの原因は、以下のような悪臭を発する大量の汚物です。

  • 蓄積した油汚れの塊
  • 大量の排泄物
  • さまざまな汚れにバクテリアやカビが増殖したヘドロ状の塊

マスクをしていても、悪臭を我慢できない人も少なくありません。臭いに敏感な方は、我慢できない可能性があります。

服に悪臭や汚水が染み込む

作業は決して楽なものではありません。散水ホースや高圧洗浄機で、汚れを除去する際に、汚水が飛び散り、服や髪に染み込む可能性があります。

汚水で身体中濡れてしまうかもしれないので、寒い時期は特に重労働です。

原因によっては解消しない可能性も

汚水枡の汚れがつまりが原因であれば、掃除することで解消できるでしょう。しかし、他に原因があれば、悪臭を我慢して作業しても、解消できないかもしれません。

以下のような原因で、汚水枡が溢れている場合です。

  • 汚水枡や排水管が劣化によってヒビが入っている
  • 排水管の傾斜が不足していて流れが止まっている

プロの水道修理業者なら、作業前に原因を特定して、確実な方法で対処します。

汚水枡が溢れるのはなぜ?【2大原因】

汚水枡が溢れる原因は、以下の2つが考えられます。

  • 汚水枡のつまり
  • 排水管の傾斜不足

それぞれについて、解説します。

汚水枡のつまり

汚水枡が溢れる原因として、最も多いのは汚水枡のつまりです。汚水枡のつまりは、以下のような原因で起こります。

  • メンテナンスしてなかった
  • 排水口やトイレから固形物を落としてつまりが生じた
  • 排水口やトイレから大量の汚れを流した
  • 木の葉が大量に入り込んだ
  • 木の根が入り込んだ
  • 汚水枡の劣化
  • 排水管の劣化

特に、戸建てにお住まいの場合、ご自分でメンテナンスをしなくてはいけません。うっかり放っていると、少しずつつまりが悪化して、最終的に溢れてしまいます。

排水管の傾斜不足

汚水枡と汚水枡は排水管で接続されて、汚水が公共枡まで流れていくシステムです。

しかし、地震などで排水管の傾斜が変わって、傾斜不足になると流れが止まってしまいます。汚水枡から汚水の流れが止まって、汚水枡が溢れてしまうのです。

水道修理業者に、排水管の傾斜を調整してもらいましょう。

汚水枡の溢れ解消を業者依頼した場合の料金目安

汚水枡が溢れて、修理業者に依頼した際の料金目安を一覧表にしてご紹介します。

作業内容 料金目安
汚水枡の清掃 1個につき約2,000円〜
高圧洗浄による排水管のつまり除去 8,000円~35,000円
トーラー使用のつまり除去 7,000円~17,000円
排水管の部分的な調整 3,000円〜20,000円
汚水枡の交換(塩ビ枡への交換) 1個につき35,000円〜45,000円

上記の作業料金以外に、基本料金・出張費・早朝や深夜、休日の割増料金が加算される場合があります。作業料金以外の料金は、業者ごとに決められているので、問い合わせじに確認が必要です。

業者への依頼がおすすめの理由

業者に依頼すれば、悪臭や汚物を我慢する必要がありません。それだけではなく、以下のような多くの利点があるので、業者への依頼がおすすめです。

  • 高圧洗浄機やトーラーなど一般家庭用の器具より高性能で、つまりを確実に除去する
  • 知識のあるスタッフが適切な方法で対応する
  • 木の根が入り込んでいるような特殊な状況も、経験があるのですぐに対応できる
  • 排水管の傾斜に問題がある場合もすぐに対応できる
  • 汚水枡や排水管が破損している場合は、業者しか対応できない

ただし、信頼できる業者に相談するようにしましょう。汚水枡のトラブルは、技術力のある水道修理業者への依頼がおすすめです。

高圧洗浄について以下の記事を参考にしてください。

汚水枡が溢れないための予防方法【再発防止に!】

汚水枡の修理が終わったら、再発しないようにしましょう。

  • 排水管のつまりが起きないようにする
  • 汚水枡近くの木は移植して、木の根が汚水枡に入り込まないようにする
  • 定期的に汚水枡の点検・メンテナンスをする

メンテナンスは、業者に依頼しても、ご自分で年に1度掃除をするようにしてもいいでしょう。

汚水枡が溢れてお困りなら

汚水枡が溢れた際のご自分での対処法をご紹介しました。

悪臭がすごいのでご自分での対応が難しいと感じたら、業者への依頼がおすすめです。宮城・福島対応!地元密着型の水道局指定工事店『マルキンクリーン』は、年中無休ですぐに対応しています。

お電話・問い合わせフォーム・LINEで相談可能です。見積もり無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

>>無料で見積もりを取ってみる

FAQ汚水枡が溢れた場合によくある質問
汚水枡の掃除はどのくらいの頻度ですべきですか?
少なくとも年に1度、掃除するようにしましょう。
汚水桝は何のために設置されていますか?
住宅の排水に含まれる汚物を溜めるために、設置されています。公共の下水に負担がかからないようにするためです。 また、排水管の不具合を点検する際にも用いられます。
汚水枡の掃除は自分でもできますか?
トラブルが起きるほど汚れていると大変ですが、定期的な掃除はご自分でも可能です。ただし、臭いや汚れがひどいので、汚れてもいい服装でしてください。作業後にすぐにお風呂に入れるように用意しておくようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

    お名前(名字だけでOK)必須

    電話番号 必須

    個⼈情報保護⽅針に同意して

    24時間365日対応! 出張・お見積もり無料! ※深夜帯(22時~5時)は出張費・見積費をいただく場合があります。 

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891
    ※深夜帯(22時~5時)は出張費・見積費をいただく場合があります。