【仙台市宮城野区】トイレのパッキン劣化による水漏れ修理はお任せ!

仙台市宮城野区にお住まいのトイレから水漏れでお困りの方はいませんか?

長年使用しているトイレで起こる水漏れの原因として多いのが、パッキンの劣化による水漏れです。

本記事では、パッキンが劣化するとどんな状態になるのか?劣化した場合の修理方法やパッキン修理時のポイントをご紹介します。

この記事を読めば、パッキン劣化によるトイレの水漏れを解消できるはずです。ぜひ最後までご覧ください。

状態

トイレのパッキンは水漏れを防止する役割を担っていますので、パッキンが劣化するとトイレの水漏れが発生する原因となります。

ジワジワと滲み出ている状態やポタポタと水が滴り落ちている状態は、パッキン劣化による水漏れの特徴です。

しかし、パッキン劣化による水漏れの箇所は止水栓や給水管、トイレの底からとさまざまな場所から発生するということを覚えておきましょう。

トラブルの原因

この場合は長年の使用による、経年劣化や摩耗が原因です。

パッキンの寿命は10年程度と言われており、トイレを10年以上使用している場合は特にパッキンの劣化による水漏れが原因の可能性が高いといえるでしょう。

修理方法

トイレのパッキンが劣化している場合は、パッキンを交換する必要があります。

しかし、トイレではパッキンを使用している箇所はいくつかあるため、まずはどの箇所から水漏れを起こしているのか以下の表を参考にチェックしてみましょう。

水漏れ箇所 パッキンの種類 難易度
止水栓 コマパッキン
給水管 接続部分のパッキン
レバーハンドル レバーハンドルパッキン
分岐金具 分岐水栓のパッキン
タンクと便器の設置部分 タンク底のパッキン
便器と床の接続部分 フランジパテ

水漏れ部分が特定できれば、その箇所に合ったパッキンを交換することで水漏れを改善することができます。

修理時のポイント

ひとえにトイレのパッキンを交換といっても、修理箇所によって修理方法や難易度が異なります。

止水栓や給水管、レバーハンドル、分岐金具のパッキン交換は初めての方でも比較的簡単に行うことができますが、必ず水の元栓や止水栓を閉じた状態で修理を行いましょう。

しかし、タンクと便器部分のパッキンや便器と床の部分にあるパッキンは難易度が高いため、専門の技術と知識を持った修理業者へ依頼することをおすすめします。

仙台市宮城野区でのトイレの水漏れ修理はお任せ!

トイレの水漏れ原因がパッキン劣化によるものだった場合、ご自身で修理できる場合と、専門業者へ依頼したほうが良い場合がありますので、まずは本記事を参考にしていただきパッキンが劣化している場所を特定しましょう。

マルキンクリーンは作業スタッフも地元仙台の安心企業です。

仙台市宮城野区にお住まいの方でトイレの水漏れ原因や場所を特定できない場合は、ぜひ当社へご相談下さい!