【仙台市泉区修理事例】トイレの水が止まらない

ある日突然トイレの水が止まらなくなったら困ってしまいますよね。
自分で修理しようと思っても「どこを確認したら良いのか」「時間がない」などの理由で手を付けずに日数が経過してしまうこともあるでしょう。

そんな時は、専門業者に依頼することですぐに問題を解決することができます。
今回は、仙台市泉区のご家庭でトイレの水が止まらない事例についてご紹介します

状態

仙台市泉区のご家庭から「トイレの水が止まらない」「どこが悪いのか確認してみたがよく分からなかったので見にきて欲しい」とご依頼がありました。

到着してご家族に話しを聞くと、数日前からトイレを流した後時間が経っていても、水が止まらないとのことでした。
慎重に調査していると小さな音で便器内に水が流れ続けている状況が確認できました。

トラブルの原因

原因は、タンク内にある「オーバーフロー管」という部品の破損によるものでした。こちらのご家庭では、節水の目的のために水の入ったペットボトルをタンク内に入れておられました。水入りのペットボトルがオーバーフロー管に接触して故障の原因になってしまった可能性が高いです。

水入りのペットボトルをタンクに入れると部品の動きを妨げてしまう可能性もあるので注意が必要です。

修理方法

オーバーフロー管が破損していたので、その破損箇所から水が入り込み水が止まらなくなってしまっていました。

まずは、トイレの止水栓を止めてタンク内の水を空っぽにしました。そのあとにタンク内にある「オーバーフロー管」の部品交換を実施しました。
交換作業が済んだら、止水栓を開けて動作チェックもしっかり行い、トイレの水が止まらない原因を解消することができました。

修理時のポイント

修理時は、タンク内を開けて作業をするため、感電や漏電防止のため電源コードを抜いてトラブル防止に努めました。
止水栓は、水の量も調整できる役割もあるため、作業前と同じ水量に保てるように配慮して調整しました。

トイレの水が止まらないトラブルは、放っておくと水道料金もかさんでしまうため、できるだけ早く水道専門業者に相談・依頼することをお勧めします。

お客さまの声

数日前から便器の水がチョロチョロと流れ続けていて気になっていました。友人に相談すると、水道代もかかるから早く直した方が良いと言われ「マルキンクリーン」さんを紹介してもらったのです。

すぐに駆けつけてくれて、部品交換をしてもらいました。最後は除菌対策までしてくれて大満足でした。

【仙台市泉区】トイレのトラブル修理はお任せ!

今回の仙台市泉区のトイレの水が止まらない原因は、タンク内のオーバーフロー管という部品の破損によるものでした。部品の交換をしたことで問題は解決しました。

「マルキンクリーン」では、24時間365日で対応しており、仙台市内を中心に宮城県全域での水漏れ修理を承っております。
水トラブルでお困りの際は、お気軽にご相談ください。