【仙台市青葉区修理事例】トイレ下水管のつまり

毎日使っている家のトイレが、ある日突然つまってしまったらと焦りますよね。
トイレが使えないとなると、とても不便なので早く解決したいものです。
そんな時は、専門業者に依頼することですぐに解決してくれますよ。
今回は、仙台市青葉区でトイレの下水管つまりを対処した事例についてご紹介します。

状態

仙台市青葉区のあるご家庭から「トイレが詰まっている」というご相談を受けました。詳しく話をお伺いすると、子どもが誤って大量のトイレットペーパーを流してしまったという内容でした。

トイレが詰まってしまうと異臭はもちろん、生活の上で大変不便になりますので、早期に解決する必要があります。

トラブルの原因

ご家族の話を聞きつつ、状況を確認しました。
原因は「大量のトイレットペーパー」を一気に流したことにより、排水溝の奥の狭い部分でつまりが発生している状況でした。

トイレットペーパーは、水に溶けるように作られていますが、一度に大量の紙を流すと排水溝の狭い部分で詰まってしまうことがあります。
この他にも、トイレの下水管がつまる原因として

  • 大量の便
  • 紙オムツやオモチャなどの固形物

などが考えられます。

修理方法

ご家族に今回の原因や状況を説明しました。
修理の方法を納得していただいてから作業を開始しました。排水管の奥でのつまりが原因でしたので、スタッフにて「吸引作業」を実施しました。

吸引作業で出てきた大量のトイレットペーパーを取り除く作業を何度か繰り返しました。
すると問題は解決し、トイレの水が今まで通りスムーズに流れるようになりました。

修理時のポイント

排水管のつまりのトラブルは、原因のものを除去する必要があります。
固形物や水に溶けないものは、むやみに流すとさらに奥で詰まってしまい、排水管のトラブルが悪化してしまう可能性がありますので、流さずに取り除きましょう。

お客さまの声

子どもが慌てた様子でトイレが詰まったと言いにきた時はビックリしました。近所の「マルキンクリーン」さんに連絡するとすぐに駆けつけてくれました。

10分ほどの調査で原因が分かり、作業をして頂きました。すぐにつまりが解消したのでとても助かりました。対応も丁寧でしっかりと説明があったので、安心して任せることができました。

仙台市青葉区でトイレの下水管つまり修理はお任せ!

今回、仙台市青葉区のご家庭からのご依頼での原因は、大量のトイレットペーパーを一気に流したことによるつまりが原因でした。吸引作業を実施し、つまりの原因を除去したことで問題は解決しました。

「マルキンクリーン」では、24時間365日で対応しており、仙台市内を中心に宮城県全域での水漏れ修理、排水管洗浄、トイレ・キッチン・浴室のリフォームを承っております。
水トラブルでお困りの際は、お気軽にご相談ください。