【仙台市太白区】お風呂場の蛇口から異音がする等の症状はお任せ!

毎日当たり前のように使用している蛇口から異音がしたら驚きますよね

少々の音なら放置してもいい?修理は簡単にできる?業者に依頼すべき?

など、異音のみで水漏れしていない状態であればそのトラブルの対処方法に迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、風呂の蛇口で異音がする場合の原因や修理方法を解説していきます。

仙台市太白区にお住まいの方は、ぜひ風呂場の蛇口トラブル解決にお役立て下さい。

状態

お風呂場で蛇口をひねると「キーッ」「ガタガタ」「ブーン」といった異音がするが、特に水漏れはしていない状態。

トラブルの原因

お風呂場の蛇口トラブルの多くの原因は、蛇口の内部にあるゴム製のパッキンや蛇口本体が劣化・摩耗によるもの。

一般的に蛇口の寿命は10年ほどが目安と言われています。風呂の蛇口から異音がする場合は、蛇口の中のいずれかの部品が経年劣化によって傷んできているという可能性が高いです。

水漏れを防ぐ役割をしているパッキンの劣化を放置していると、蛇口から水漏れが発生してしまいます。

修理方法

蛇口内のパッキンや部品の劣化が原因の場合、部品を交換することで異音を改善することができます。

一方で、蛇口の寿命である10年を過ぎている場合は、本体ごと交換することをおすすめします。

部品の交換によって部分的な修繕はできますが、そのまま使い続けると接続部分の水漏れや、ハンドル部分が回せなくなるなど、修繕箇所以外の場所に不具合が出る可能性が高く、その都度修理が必要になってしまいます。

また、本体部分が古くなるとサビが生じると、取り替えすることが難しくなってしまいますので、トラブルが起こった場合は10年を目安に蛇口本体を取り替えるようにしましょう。

修理時のポイント

今回ご紹介した「パッキンの交換」は、ハンドル式の蛇口にのみ有効な方法です。

近年、主流になっているレバーを上げ下げするタイプでは、基本的にパッキンが使用されていないため、パッキンの交換による修理はできません。

レバー式の蛇口の場合は、カートリッジの交換、切り替えバルブユニットの交換など、ハンドル式とは異なった修理方法となりますが、これらの修理を自力で行うのはハードルが高く、ある程度の知識と技術が必要となることを覚えておきましょう。

仙台市太白区での風呂の蛇口修理はお任せ!

蛇口内のパッキン交換は、工具さえあれば自分でもできる修理方法です。

しかし、パッキンの交換を行っても改善されない場合や蛇口の使用が10年以上経過している場合、レバー式の蛇口を使用している家庭で風呂の蛇口から異音がする場合は、専門業者に任せることをおすすめします。

今回ご紹介した以外の事例でも仙台市太白区で風呂場の水周りのトラブルでお困りの方は、ぜひ当社にお任せ下さい!

簡単なパッキンの交換であれば、約10分で作業が完了します。依頼を迷った場合はまずお電話でご相談下さい。