台所の床下から水漏れする原因と対処法

日常的に使うが多い台所ですが、台所の床下から水漏れして困った経験はあるでしょうか。

台所の水回り器具も消耗品のため、経年劣化や外部からの衝撃などで破損することがあります。放っておくと床や壁の腐敗につながるだけでなく、集合住宅であれば下の階に迷惑をかけてしまい、補償しなければならなくなるケースも考えられます。

いざというときに焦らないためにも、この記事では台所の床下から水漏れする原因と対処法について詳しく解説します。

目次

台所の床下から水漏れする原因

台所の床下から水漏れする場合「給水管(上水)」「排水管(下水)」「蛇口」のトラブルが考えられます。接続部分の緩み、もしくはパッキンの劣化が原因であることが大半です。

水漏れの際、まずは接合部分とパッキンをよく確認して原因を特定しましょう。

給水管のナットの緩み

給水管には複数の接合部があり、ナットが取り付けられています。ナットは水の通り道をつなぐ大切な部品ですが、このナットに緩みが水漏れの原因となることがあります。ナットは自然と緩む事もありますが、地震などで緩む事もあります。

給水管のパッキンの劣化

給水管のゴム製パッキンも、消耗品ですから定期的に交換することが必要なパーツです。

目安としては、同じパッキンを10年以上使い続けていると、水漏れの危険性が高くなるでしょう。パッキンを交換するには水栓を分解する必要があります。パッキンにはスピンドル(回転軸)の上にある三角パッキン、スピンドルの下にあるコマパッキンの2つがあります。原因となるポイントを、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

排水トラップのナットの緩み

排水トラップとは、下水道からのガスや臭い、害虫などが排水管を逆流して室内に侵入しないように、配管の途中を曲げるなどして水を溜める構造のことです。

台所の場合は、お椀型の排水トラップがシンクの下にナットで取り付けられているケースが大半です。また、排水トラップと排水ホースとの接続部にもナットが使用されており、長い間使用しているうちに緩んでくることがあります。

排水ホースの破損

流しの下部に取り付けられた排水ホースの破損が原因の場合もあります。排水ホースの多くは樹脂製ですので、おおむね10年以上にわたって使っていると管が硬化して、簡単に折れてしまう危険性が高くなります。

管が硬化すると縮んで短くなり、排水管から抜けてしまっているというケースも考えられます。また、熱水や熱油を頻繁に流すことによっても、劣化のスピードが早くなるでしょう。

蛇口からの水漏れ

蛇口から水を出したり止めたりする際、蛇口のハンドルの中にあるコマパッキンが水の通り道にフタをしたり開けたりすることで行われます。

コマパッキンは金属とゴムの部分とで構成されており、このゴムが経年劣化により柔軟性を失うことで隙間ができてしまい、水漏れの原因となることが多いです。それ以外にも、蛇口内部のナットの緩み、フィルターやカートリッジの老朽化、蛇口内部や接地部のつまりや破損などが原因の場合もあります。

床下の水漏れを発見した時の対処法

床下の水漏れを発見した時の対処法として、ここでは自分でできる4つの方法を紹介します。

止水栓を閉める

まずは作業前に、止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めないと、作業中に水が噴き出してくることがあり大変危険です。

台所の止水栓は通常シンクの下にありますが、シンクの下にない場合は、家全体の止水栓(元栓)を閉めてみましょう。元栓は「メーターボックス」の中に入っており、ボックスの中のバルブを時計回り(右回り)に締めることで給水を止められます

蛇口をひねっても水が出てこないかしっかり確認しましょう。集合住宅の場合は玄関近くのガスメーターと一緒に、戸建て住宅の場合は屋外の「量水器」などと記された箱の近くにあることが多いです。

水をふき取って乾燥させる

水漏れをして濡れている床は、できるだけ早く乾いたぞうきんなどで拭いておきましょう。そして、速やかに窓を開けるか換気扇をつけるかなどして、湿気を除いてください。

床の水濡れや湿気を放置してしまうと、床や壁が腐ったり、カビが生えたりすることがあります。こうなると、健康生活上の問題もあるだけでなく、家屋の構造自体に危険が及ぶ場合もあります。集合住宅の場合は補償問題になってしまうことも考えられるでしょう。

ナットが怪しい場合は締め直す

給水管や排水管、蛇口のナットの緩みが水漏れの原因として疑わしい場合は、プラスドライバー、マイナスドライバー、水栓用プライヤーなどの締め付け工具を使って締め直してみましょう。もし、ナット自体がダメになっているならば、同じ規格のナットをホームセンターやネットショップなどで購入し交換しましょう。

ナットはサビなどで固くなり回りにくいことがあります。潤滑油を使うか、濡れたタオルやぞうきんの上から工具で締め付け、ハンマーなどでゆっくり叩きながら回してみましょう。無理に回そうとすると他の部分を壊してしまう恐れもあるため、難しい場合は点検もかねて専門の修理業者へ依頼するのが安心です。

ホースの破損はテープで一時的に処置

給水・排水または蛇口シャワーのホース自体が破損しているケースもあるでしょう。

日本の家屋の配水系統に使用される管の多くは塩化ビニル製などの樹脂製ですが、古いビルやアパートなどでは金属管の場合もあります。どちらの場合でも、応急処置として「水漏れテープ」が有効です。ホームセンターやネットショップなどで手に入れられるので、被害を最小限に抑えるためにも業者が来るまでの間に処置しておきましょう。

あわせて読みたい
水漏れテープの種類と正しい使い方 水漏れテープは、水道管のパイプの水漏れへの応急処置を施すことができるテープで、夜中の水漏れや専門業者が休みのときなどに便利です。テーブの種類によって効果や使...

まとめ

台所の水漏れの原因と対処方法について解説しました。水漏れの原因によっては自分で簡単に対処できる場合も多く、まずは試してみるのが良いでしょう。

それでも改善できない場合は、水漏れを悪化させないためにも、早めに専門の修理業者に依頼することをおすすめします。

目次
閉じる