【ウォシュレット 寿命】ウォシュレットの寿命は何年?交換時期の目安も合わせて解説

「ウォシュレットが動かなくなった…」「ウォシュレットが故障したけど、交換するにはどれだけの費用がかかるの?」と困っている方も多いでしょう。ウォシュレットも消耗品の1つなので、寿命が来ると、故障して動かなくなる場合があります。

そこで今回はウォシュレットの寿命、修理や交換に必要な費用などについて詳しく解説していきます。

目次

ウォシュレットの寿命

ウォシュレットも他の家庭製品と同じように、消耗品です。使えば使うほど部品が劣化していくので、故障を招くことがあります。では、基本的なウォシュレットの寿命は何年なのでしょうか?

ウォシュレットの寿命は約7年から10年程度と言われています。

ただ、あくまでも目安であり、使用環境や頻度によっては寿命が長くなったり短くなったりすることもあります。

ウォシュレットを購入してから10年程度の月日が経っているのであれば、交換を検討した方がいいかもしれません。

ウォシュレットの寿命を疑うべき症状

ウォシュレットの寿命はただ年数だけで判断することはできません。本体の状態や汚れも交換の目安となるので、以下でご紹介していきますね。

ボタンを押しても作動しない

1つ目はボタンを押しても作動しないことです。

ウォシュレットの電源が入らなかったり、便座が暖まらなかったりするのは、動作不良を引き起こしているのかもしれません。

もしくは、コンセントが抜けていて動かなくなっている場合もあります。

まずはコンセントやブレーカーを確認し、リモコンの電池を交換してみましょう。

それでも作動しない場合は故障を疑ったほうがいいですね。

水漏れが起こる

ウォシュレットのありがちなトラブルとして挙げられるのが「水漏れ」です。ノズルや給水ホースの接続部分などから水漏れが起きる場合があります。

ノズルから水漏れしているのは、ノズル本体の破損や蓄積した汚れ、内部のパッキンの劣化等が考えられます。給水ホースの接続部分から水漏れしているなら、パッキンの劣化もしくはボルトの緩みが原因に考えられます。

ただ、ウォシュレットの水漏れを自分で直そうとすると、より症状をひどくしたり、感電事故が起こる危険性があります。

無理に自分で直そうとするのではなく、専門業者に依頼することが大切です。

本体が破損している

本体の破損も寿命を迎えているサインの1つです。ウォシュレットは生活家電の中でも頻度が高く使われるものであり、本体に負担がかかりやすいです。

メーカーも耐久性を保証しているところが多いのですが、ウォシュレットに急に負荷がかかった場合は、破損することがあります。

「少しのひび割れ程度なら大丈夫だろう」と侮っていると、どんどん症状が悪化するだけではなく感電、ヒビの間皮膚が挟まれるトラブルなどが起きる危険性があります。

便座がひび割れした場合は、買い時の目安だと言えるでしょう。

変色している

本体が変色したり、汚れたりしている場合も注意が必要です。

使い続けたウォシュレットには汚れが蓄積し、カビが発生することもあります。また、使用する洗剤によっては変色することもあるでしょう。

毎日掃除しているのに、汚れが取れなかったり、変色が悪化したりするのであれば交換を検討したほうがいいです。

ウォシュレットの修理・交換に必要な費用

ウォシュレットにも寿命があるので、修理や交換が必要になります。不具合がきたからといって、必ずしも新しいものを購入する必要はありませんが、修理が必要になります。

トラブルの内容によっては修理するよりも、新しいウォシュレットを購入したほうが安く済ませられるケースもあるのです。

次に、ウォシュレットの修理や交換に必要な費用について見ていきましょう。

修理した場合の費用相場

ウォシュレットを修理した場合にかかる費用は、トラブルの内容やメーカーによってさまざまです。

少しの不具合なら安く済ませられますが、ひび割れや水漏れなど大きなトラブルの場合は高い費用が請求されることもあります。

ただ、故意に破損させたのではなく、普段使用している中での不具合であれば、保証期間内なら保障してもらえるかもしれません。

保証期間外の場合は自己負担になりますが、期間内であればメーカーや電器店が保証してくれるので費用の負担はありませんよ。

保証対象や保証期間については、保証書や説明書などに記載されているので確認しておくことが大切です。

交換した場合の費用相場

ウォシュレットはメーカーや電機店だけではなく、インターネットなどでも販売しています。ウォシュレットの値段はピンキリで、安いもので10,000円程度、高いもので100,000円以上もする種類があります。

どのウォシュレットを購入するかによっても、交換費用は大きく異なっています。高いものだといろいろな機能が搭載されているので、より便利に利用しやすいです。

ただ、リーズナブルなものでも基本的な機能は備わっているので、日常で使う分にはそんなに不便は感じないでしょう。

また、交換する際は業者に依頼しなければいけないので、作業費用が追加でかかります。業者によって少しの差は出るものの、基本的に作業費用は約15,000円から20,000円程度だと言われています。

工事の内容によっては別途追加費用がかかる場合もあるので、しっかり料金体系や工事内容を把握しておくことが大切です。

寿命を迎えたウォシュレットを交換するメリット

では、寿命を迎えたウォシュレットを修理するのではなく、交換することでどのようなメリットが得られるのでしょうか?

ここからは、ウォシュレットの交換を迷っている方のために、交換するメリットについてまとめていきます。

最新のウォシュレットなら機能性がアップ

最近ではいろいろな機能が搭載されたウォシュレットが誕生しています。日本のトイレ技術は世界的にも優れていると言われており、日々進化しているのが特徴です。

現在新しく誕生しているウォシュレットは、洗浄機能がアップしていたり、汚れが蓄積しないように洗浄機能がパワーアップしたりしています。

毎日頑張ってトイレ掃除をしなくても、掃除機能が付いていれば家事の負担を減らすこともできるのです。

ウォシュレットを交換することで家事の負担を減らせますし、洗浄機能もアップしているので快適に利用できるようになるでしょう。

省エネ機能があるなら節約につながる

最近のウォシュレットには省エネ機能が搭載しているものも多いです。

エネルギーを無駄に使用しないように、便座の温度が自動調節されたり、タイマー式でモードの切り替えができたりします。

ウォシュレットは一度購入すれば何年も使うものになります。

省エネ機能が搭載されていれば電気代が節約できるので、長い目で見れば大きく生活費を減らすことにもつながるのです。

寿命が長くなる

上記でもお伝えしましたが、一般的なウォシュレットの寿命は7年から10年程度です。

新しいウォシュレットに交換すればそこから長い間使い続けられるので、結果的にお得になる可能性もあります。

修理だと、場合によってはこまめに直さなければいけないので、最終的にはウォシュレットを購入するよりも高い費用が必要になるケースもあるのです。

新しいものに交換すればいつ壊れるか不安を感じることもありませんし、快適に利用できるのでおすすめです。

ウォシュレットの交換は自分でもできる?

ウォシュレットを購入すれば、自分で交換することもできます。業者に頼む必要がないので、作業費がかからず、圧倒的に安く交換できるでしょう。

ただ、ウォシュレットの状態によっては水漏れや感電する危険性があります。集合住宅の場合は下の階の住人とトラブルになる可能性もあるので、自分で交換する際は十分に注意しなければいけません。

また、賃貸の場合はオーナーに、ウォシュレットを交換する際ことを事前に伝えておくことが大切です。

勝手に交換すると取り外しを求められたり、費用を請求されたりなどのトラブルが起きる可能性があるので、注意しましょう。 

専門業者に依頼した方がいい

ウォシュレットの交換を検討しているのであれば、専門業者に依頼したほうがいいです。

ウォシュレットの交換には専門知識や技術が必要になりますし、自分で行うと思わぬトラブルを招く危険性があります。

結局業者に依頼することになり、修理費用と合わせてより高い金額を支払わなければいけなくなることも…。

リーズナブルに抑えたいなら、最初から専門業者に依頼して交換してもらったほうがお得ですよ。

まとめ

最近ではいろいろな便利機能が搭載されているウォシュレットが増えています。

ウォシュレットがそろそろ寿命時期を迎えていたり、頻繁に不具合が起きたりしているのであれば、交換をおすすめします。

交換は自分でもできますが、専門業者に頼んだ方がトラブルなく安全に施行してもらえるのでおすすめですよ。

目次
閉じる