シンク下から水漏れする原因と修理方法

日常的に使うキッチンのシンク。水漏れが起きると焦ってしまいますよね。

シンク下の水漏れは、その原因によって自分で修理が可能なものもあれば、業者に依頼した方が良いものまでさまざまなパターンがあります。

この記事では、主な水漏れをする原因を紹介すると共に、簡単な修理方法について解説します。シンク下の突然の水漏れでどうしたらいいか不安な方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

シンク下から水漏れする原因

キッチンのシンクの下から水漏れがしている原因として代表的なものは下記の5つです。

  • 排水トラップのゴムパッキン劣化
  • 排水ホースの破損
  • 排水管のつまり
  • 給水管の破損
  • 蛇口まわりのコーキング劣化

ここでは、この5つの原因について詳しく解説していきます。

排水トラップのゴムパッキン劣化

キッチンのシンクの下の扉を開けて見てみると、寸胴の形をした「排水トラップ」があります。この排水トラップとシンクの間には、水が漏れないようにゴム製のパッキンが密着しており、このゴムパッキンが経年劣化により固くなってしまい、隙間ができるとシンク下の水漏れの原因になります。

また、排水トラップの中には「封水」というシンク内の防臭のための水がはいっています。この封水がゴムパッキンの劣化によって漏れ出ている可能性もありますので、まずはこのゴムパッキンが劣化や損傷していないかの確認をすると良いでしょう。

排水ホースの破損

次に、排水ホースの破損についてです。シンク下をのぞくと、蛇腹になっているホースが見えると思います。この排水ホースはビニール製のものが多く、経年劣化により穴や亀裂が生じる場合があります。そのためホース部分は入念に確認しましょう。

また、排水ホースの耐用年数は5年から10年と言われており、ホースの破損による水漏れ事故も多いのが特徴です。排水ホースが一度破けてしまうと、水を流すたびに水が漏れるようになってしまうため早急な応急処置が必要です。

排水管のつまり

シンクの下の排水管や排水ホースは、つまりが起きやすい箇所となっています。主にシンクに流す油や洗剤、石鹸カス、食材カス、ヌメリなどが原因となっていることが多いです。

日頃から排水溝や排水管の掃除をしていればつまりが発生する可能性は低いですが、年数が経過すると掃除をしていても長年たまったつまりが原因で水が流れなくなることはよくあります。つまりがひどくなり隙間が無くなると、水が逆流して水漏れを引き起こすこともあるでしょう。

また、排水管に油を流す習慣があるシンクは要注意です。油の塊が排水管中にこびりつき、水が排出できなくなります。結果的に水が溢れかえってしまい、水漏れが起こります。水漏れの原因として多い理由の一つと言えるでしょう。

給水管の破損

シンクの下を流れるパイプには、排水管の他に給水管があります。この給水管がキッチンに新しい水を送ることで、水が蛇口から出る仕組みです。

この給水管は直線的な形になっているものが主流で、カーブしていないことが特徴です。給水管と蛇口はナットで固定されており、そのナットの中にパッキンがあります。このパッキンが劣化したり、ナットが緩んでいたりすることで水漏れが起こる場合があります。

蛇口まわりのコーキング劣化

コーキングとは、主に水の侵入を防ぐために蛇口まわりやシンクとタイルの間といったスキマや継ぎ目に施されるものです。シリコン製の樹脂が用いられる場合が多いです。

このコーキングは20年程度持つと言われていますが、時間が経つにつれヒビが割れたり、やせて隙間が空いてしまったり、ポロポロと剥がれてしまうことがあります。そうなることで、このコーキング部分から水が染み出し、シンク下に水が漏れてしまうのです。コーキングガンといった特殊な道具を使用し、マスキングテープを利用しながら補修を行うことが可能です。

パッキンは自分で交換可能

ご紹介した5つの原因のなかで、パッキンの劣化については自分で交換可能な場合があります。特にシンクと排水トラップのゴムパッキンは、特に特殊な工具を使わずに交換することが可能です。

新しいゴムパッキンは、ネットショップやホームセンターなどで買うことができます。同じ型番のものを探す必要があるので、ホームセンターに行く場合は、現物を持っていくと良いでしょう。

交換に必要な道具はゴム手袋と新しいゴムパッキンだけで、古いパッキンを新しいパッキンに交換することで修理することができます。

ホース・配管の破損にはテープで応急処置

ホースや配管に亀裂や穴が空いている場合は、破損の状態にもよりますが、ビニールテープや補修パテで応急処置をすることも可能です。ビニールテープや補修パテはホームセンターやネットショップで購入することができます。

あくまでも応急処置ですので、破損の程度が悪化しないよう早めにホームセンターなどで新しい排水ホースを購入し取り替えた方が良いでしょう

こんな場合は業者に依頼すべき

「排水管のつまり」や「給水管の破裂」が水漏れの原因となっている場合は、専門の修理業者に依頼したほうが良いでしょう。

まず、排水管のつまりは高圧洗浄機といった特殊な道具を使う必要があるため、高圧洗浄機を扱える業者に依頼するようにしましょう。給水管の破裂は、その原因がサビである場合も多く、個人で修理することは困難です。給水管の耐用年数は10年ほどと言われているため、長期間使用している場合は、故障していなくても新品に替えたほうが良いでしょう。

まとめ

シンク下から水漏れする原因を5つとその修理方法についてご紹介しました。水漏れの原因にはさまざまなパターンがありますが、放置すると悪化してしまう恐れもあるため早めの対処が肝心です。

原因をよく見極めて、自分で修理することが難しい場合には、専門の修理業者に依頼するようにしましょう。

目次
閉じる