トイレ便器と床の隙間から水漏れ!原因と対処方を解説

トイレはさまざまな原因によって水漏れを起こすことがありますが、いざ起こると焦ってしまいますよね。

水漏れが起こった場合は、あわてずに原因を突き止めて対処をする必要があります。この記事では、特に便器と床の隙間からの水漏れにスポットを当てて、その原因と対処法、自分で修理できるかどうかについてご紹介します。

目次

トイレ便器と床の隙間から水漏れする原因

便器と床の隙間から水漏れが発生する原因として考えられるのは、主に下記の5通りがあります。

  • 床下配管の破損
  • トイレの設置ミス
  • 便器と排水管がずれている
  • 温水便座との接続不良
  • 便器のひび割れ

それぞれについて詳しく解説いたします。

床下配管の破損

トイレの床の下には、排水管が通っています。この排水管が劣化してひび割れなどの破損が起きると、ひび割れでできた隙間から水が漏れて床に染み出してきてしまうのです。

便器とつながっている排水管か、トイレの下を通る別の排水管かのどちらかに原因がある可能性があります。

排水管が破損している場合、排水管自体の入れ直しが必要になることがあります。入れ替え作業には多額の費用がかかるため、業者に依頼して現地調査をしてもらうといいでしょう。

トイレの設置ミス

トイレを設置する際、便座を便器に固定するナットが緩んでいたり、必要な部品をつけ忘れたまま設置したりすることによって、水漏れが起こることがあります。

トイレを設置する際に必要になる部品は、「フランジ」と「ガスケット」の2つです。

「フランジ」とは、便器と排水パイプとをつなぐ接続部品で、円盤状の形をしています。

「ガスケット」とはドーナツ状のパッキンで、便器とフランジの接着面に取り付けるものです。

これらの部品はホームセンターなどで売っているため、自分で修理することもできますが、便器を取り外す必要があるなど手間がかかるため、業者に連絡して設置し直してもらうのもよいでしょう。

便器と排水管がずれている

便器と排水管とをつなぐ接続部分にずれが生じ、それに気づかないまま使用すると、便器の床の隙間から水漏れが起こります。便器を新しく設置したときや、修理のために便器を取り外し、戻したときに起こることがあります。

設置ミスによる水漏れは、設置してまもない早い段階で発生することが多いです。業者に連絡して設置のし直しを依頼するようにしましょう。

温水便座との接続不良

ウォシュレットの場合、温水便座と給水管とをつないでいる部分から水漏れが起こることもあります。漏れ出した水は便器から床へと流れていくことから、便器と床の隙間からの水漏れと見間違いやすいためご紹介します。

原因は部品のサイズ違いやゆるみなどの接続不良、給水ホースや給水管自体の劣化などが考えられます。

タンク内蔵型のものでは、内蔵タンクの劣化によっても漏水が起こることがあります。業者が対応できるのは給水管などの水回りの部分であり、温水便座内部の不具合や故障による水漏れはメーカーが対応します。

便器のひび割れ

便器にひび割れが生じることで水漏れが起こり、便器と床の隙間を含め、床部分を濡らしてしまうこともあります。

便器のひび割れは物がぶつかった衝撃や経年劣化などが原因で起こります。便器は丈夫に作られてはいますが、陶器であるためあまりにも強い衝撃が加わると破損することがあります。

便器が破損してしまった場合、メーカーも修理業者も安全面の問題から修理の対応ができないことがあるため、その場合は便器をまるごと交換する必要があります。

ひび割れの規模が小さければ、ホームセンターなどで購入できる防水パテなどの補修材を使って修理することもできますが、あくまでこれは応急処置なので、長期にわたっての使用は避けましょう。

自分で修理できるパターン

便器と床の隙間からの水漏れは、パターンによっては自分で修理できる可能性もあります。ここでは、自分で修理できる可能性のあるパターンについてご紹介します。

トイレの設置ミス

ナットの緩みはしっかりと締め直すことで対応できます。必要な部品をつけ忘れていた場合は、便器を取り外す必要があり非常に手間がかかりますが、トイレ用のフランジやガスケットも、ホームセンターで手に入るので自力で治すこともできます。

自分で取り付ける場合は、サイズをよく確認するようにしましょう。

温水便座との接続不良

温水便座との接続不良の場合は、水漏れの原因次第では自分で修理することもできます。給水管や給水ホースなどの金具の故障や、ナットのゆるみなどが原因であれば、金具を水漏れテープで巻いて補修したり、レンチを使ってナットを閉め直したりといった自分での修理ができます。

ただし、ウォシュレット内部の故障である場合は、電子機器のため自分での修理は大変危険です。メーカーに連絡して修理を依頼しましょう。

あわせて読みたい
自分で直せる?ウォシュレットの水漏れ原因と修理方法 内閣府が2018年3月にまとめた消費動向調査によると、2人以上世帯の家庭のウォシュレット普及率は8割を超えるようです。 ※出典:内閣府 消費動向調査 もはやあって当たり...

便器のひび割れ

先ほどご紹介したように、便器にひび割れが起きて水が漏れている場合は、メーカー・修理業者ともに修理の対応ができない場合があります。

ひび割れが小さければ、パテを使って補修することができます。パテには種類がありますが、陶器製である便器の補修には防水粘土用のパテを使用します。

おおまかな手順としては、破損部分の周囲の水気や油分などの汚れを拭き取ったあと、手袋をした状態で2分ほどパテを練って、破損部分に塗り込み、固まるまで待ちます。塗り込んだパテが固まるまでには20分ほどかかります。

あくまでこれは一時的な補修であり、長期にわたって使用すると補修部分からひび割れが進んでしまうことがあるので、補修をした後は新しい便器と交換するための準備を始めましょう。

業者に頼んだ方が良いパターン

基本的にトイレの水漏れを修理することは難易度が高く、多くの手間がかかる場合がほとんどです。ときにはトイレ本体を取り外す必要が生じることもあります。

自分では修理できないと感じた場合は、どこから、どんな原因で水が漏れているのかをできる限り具体化した上で、業者やメーカーに修理を依頼したほうがよいでしょう。

まとめ

この記事では、便器と床の隙間からの水漏れについて、その原因と対処の方法をご紹介しました。

生活をする上でトイレはどうしても必要となりますので、もし水漏れが起こった場合は、すみやかに原因を突き止めて、対策をとるようにしましょう。

目次
閉じる