悪徳業者に要注意!トイレの修理相場を知っておこう!

トイレは毎日使うものなので、修理が必要になるケースもよくある話です。家族がいればそれだけ使用頻度も増えるので、急な水漏れやトイレトラブルで困ることもあるでしょう。そこで今回はトイレの修理に関する費用相場をご紹介します。悪徳業者に引っかからないためのポイントもまとめていくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

トラブル別のトイレ修理相場

トイレの修理は簡単そうに見えますが、水回りの作業になるので意外に難しいです。業者に頼んでも予算よりオーバーしてしまうこともしばしば…。

まずはトイレのトラブル別の修理費用の相場を見ていきましょう。

  • 水漏れ
  • トイレの水が止まらない
  • トイレの水が流れない
  • レバーが故障した

上記の4つのトラブルに分けて、費用相場を説明していきます。

水漏れの場合

まずは水漏れの場合です。水漏れの場合はパッキン交換や調整作業の場合とウォシュレットからの見積もりの場合で費用が違ってきます。

パッキン交換や調整作業など6,000〜1,5000円
ウォシュレットから水漏れ8,000〜16,000円

そんなに大きく費用はかからないものの、ウォシュレットからの水漏れの方が若干費用相場としては高めです。

また、ウォシュレット自体を買い換える必要がある場合は、トイレの種類や規格状況によっても値段は変わってくるので事前に確認しておきましょう。

トイレの水が止まらない場合

続いてトイレの水が止まらない場合です。トイレの水が止まらない場合はタンクの着脱の有無で相場が変わってきます。

タンク着脱なし6,000〜10,000円
タンク着脱あり11,000〜30,000円

タンク着脱ありの方が費用相場としては高めです。タンクを着脱すると必要な作業も増えるので、どうしても値段が上がってしまいます。

また、10年以上使用している場合は部品が手に入らないこともあるので、トイレのタンク自体を交換しなければいけない場合もあります。その際も大きく費用は変わってくるので、事前に確認することが大切です。

トイレの水が流れない状態の場合

続いてトイレの水が流れない状態です。レバーを回しても水が流れない場合もタンク内の修理が必要となります。

費用相場は上記の「トイレの水が止まらない「トラブルと同じです。タンクの着脱の有無もしくはタンク内の部品交換によって値段が変わってきます。

レバーが故障した場合

トイレのレバーが故障した場合は、レバーに付いている鎖もしくはレバーの本体が破損しているのかもしれません。

こちらはタンク内の修理ではないので、費用相場としてはおよそ10,000円程度です。

ただし、部品の交換が必要な場合は部品代もかかってくるので注意してくださいね。

マルキンクリーンに依頼した際の修理相場

基本的なトイレ修理に関わる相場をまとめていきましたが、ここからはマルキンクリーンの料金体系をご紹介します。

修理内容金額
トイレのつまり4,000円〜
タンクの水漏れ4,000円〜
便器脱着15,000円〜
高圧洗浄20,000円〜

マルキンクリーンでは事前に見積もりで納得していただいた場合のみ、作業を行っています。見積もり時点で納得できなかった場合は、一切料金はかからないので安心してください。

また、マルキンクレーンでは出張費が無料なのも大きなポイントです。

急なトイレトラブルで業者を呼んだけど、修理費用だけではなく出張費用もかかってしまった…というのはよく聞く話。

しかし、マルキンクリーンでは出張費用が無料なので、いつでも気軽に相談できるのがポイントなのです。

さらに、ウェブから予約することで基本料金が無料になるキャンペーンも行っています。水漏れやトイレの悪臭、シンクの詰まりなど、トイレに関するトラブルは全て対応可能なので、おかしいなと感じたらすぐに相談してください!

気をつけて!悪徳業者に騙されないために…

トイレの修理を依頼する際は、信頼できる業者に頼む必要があります。たくさんの水道業者がいるのですが、中には悪徳業者も潜んでいます。

悪徳業者に引っかかると見積もりよりも高い費用を請求されたり、 本来は簡単な調整だけで良いのにトイレまるごとの効果を勧めたりする場合もあるのです。

トイレは毎日利用するものだからこそ、信頼できる業者に頼んで迅速に対応してもらう必要があります。

次に悪徳業者に引っかからないための、水道業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

料金設定が明確になっているか

ホームページやチラシを確認し、料金設定が明確になっているかを確認してください。基本料金や作業料金、部品代など、しっかりチェックしてメモしておくと良いでしょう。

水道業者に見積もりを依頼した際に、自分で計算した料金と違う場合はすぐに指摘してみてください。

優良な業者であれば料金の内訳を1つずつ丁寧に説明してくれます。

悪徳業者であればまさか指摘されるとは思っていないので、うやむやな態度を取られたり、それなりの適当な理由をつけてはぐらかそうとしたりします。

相手の目や表情を見て怪しいなと思ったら、自分の直感を信じて別の業者に依頼した方がいいかもしれません。

キャンセル規定や出張費も確認しておく

ホームページをチェックしてキャンセル規定や出張費用、見積もり料などをチェックしておきましょう。

もちろん、ホームページを開設していない水道業者もあります。できるだけホームページがある業者の方が信頼できるかが判断しやすいため、そちらも選ぶ際のポイントとはなるでしょう。

ホームページには料金体系だけではなく、実際に対応した事例や利用した方の口コミも記載されています。ホームページは相手の信頼度を図るための重要なものでもありますから、事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

不要な交換やプランを勧めてこないか

トイレの状況を見てもらった際に、不要な交換やプランを勧めてこないかもチェックしてみてください。

明らかに修理箇所とは違う部分の交換を勧めてくるのは悪徳業者のやり口の1つでもあります。違うとわかっているのに、口がうまいので言いくるめられて思わず契約してしまうのです。

その際はまず深呼吸して落ち着くことが大切です。トイレが故障すると、それだけで焦ってしまうものですがまずは落ち着きましょう。

冷静に考えることで判断力も取り戻せるので、本当に必要な交換なのかどうかを見極められますよ。

応急処置の内容を確認して即決しない

すぐに直したいからといって、即依頼するのは危険です。

とりあえず、その場でできる応急処置だけを頼み、その後は十分な説明を聞いた上で依頼することが重要なポイントです。

簡単な調整だけで良いのに、トイレやタンクの交換が必要だと言われる場合もあります。焦っているときに交換が必要だと言われると、思わずすぐ依頼してしまいますよね。

しかし、それだと悪徳業者の手口にまんまと引っかかることになるので、まずは冷静になることが大切です。

冷静になって、どのような修理が必要なのか改めて聞けば、相手が信頼できる業者かどうかを十分に見極められますよ。

トイレ修理以外にかかる料金の基本相場

水道業者に修理を依頼する際は、修理費用だけではなく以下の料金も必要になってきます。

  • 見積もり料金
  • 予約キャンセル
  • 出張料金
  • 休日夜間対応

最後に、修理費用以外にかかる料金の相場を説明していきますね。

見積り料金の相場

見積もり料金はほとんどの水道業者が無料に設定しています。トイレ修理にいくらかかるのか不安になった場合は、遠慮なく見積もりを依頼すると良いでしょう。

ただし、見積もりに時間がかかる場合は料金が発生するケースもあります。すべての見積もりが無料になるわけではないので、依頼する業者の見積もりに関する料金体系を事前にチェックしておくことが大切です。

とは言え、見積もりの際に料金が発生する場合は水道業者側から事前に説明があるので安心してください。そこで断ることもできますよ。

予約キャンセルの相場

続いて予約キャンセルについてです。予約キャンセルについても無料に設定している業者は多いです。

ただし、当日キャンセルや1〜2日前キャンセルの場合は見積もり料金の〇〇%を請求される場合もあります。

依頼する業者のキャンセル料金体系を事前に確認しておくことが大切です。

出張料金の相場

出張料金に関してですが、営業所と距離が遠い場合に発生する可能性があります。営業所と同じ地域の場合は無料のところも多いですね。

出張料金の相場としてはおよそ4000円程度です。

休日・夜間対応の相場

トイレトラブルはいつ起こるか分かりません。もしかしたら水道業者が休みの日や深夜にトラブルが起きることもあるでしょう。

水道業者が休日の際や夜間に依頼するとなると、特別料金が発生する場合があります。

とは言え、時間外対応料金は 4000円ほどなので、そんなに高い費用が発生するわけではありません。

便器から水が溢れるほど水漏れがひどかったり、トイレの水が止まらなかったりなどひどい症状の場合は、時間外料金を払っても迅速に対応してもらった方がいいでしょう。

そのまま放置しておくと、より高い金額が必要になる場合もあるかもしれません。

信頼できる水道業者に依頼することが大切!

トイレは毎日利用するものだからこそ、信頼できる水道業者に依頼することが大切です。今回ご紹介した水道業者を選ぶ際のポイントを参考に、信頼できるところを探してみてください。

見積もりが無料な水道業者がほとんどなので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。その中で明確な金額設定、担当者の説明の仕方・態度などをチェックした上で、依頼するか決めるといいですね。

目次
閉じる