自分で解決!お湯を使ってトイレのつまりを解消する方法


「トイレがつまった?」と感じて何度も水を流してしまうと、かえって水が溢れてしまいヒヤっとした経験をされた方もいらっしゃると思います。
トイレは、お家の中で家族が毎日何度も使用する場所ですので、どうしても汚れてしまったり、つまったりとトラブルが発生しやすい場所と言えるでしょう。

トイレがつまる原因によっては、自宅にある「お湯」や「バケツ」を使うと解決できる場合があります。
自分で直すことができれば、修理費なども掛からないので経済的にも助かりますよね。

そこで今回は、お湯を使って自分で解決できるつまりの解消方法についてご紹介します。

目次

お湯で対処できる症状

水のたまったトイレ

家族が毎日使うトイレ。ある日突然トイレがつまってしまうととても困りますよね。
以下の症状であれば、お湯でのつまりを解消することができますよ。

症状①大量の便

「便でつまるって本当?」と疑ってしまう方もいらっしゃると思いますが、意外と多い原因の一つです。

便秘の方や通常の便よりも便が固い場合や、大量の便を一度に流してしまうことでトイレのつまりを発生させてしまう場合がありますよ。

便の形状や固さによっては、2時間~3時間ほど放置することで柔らかくなり、つまりが改善される可能性があります。
換気に配慮しながら、一度放置して様子をみても良いでしょう。

症状②大量のトイレットペーパー

トイレットペーパーでトイレがつまるとは一見考えにくいですが、大量のペーパーを一度に流してしまうと、排水管の細い部分などで詰まってしまう場合があります。

小さなお子様などがご両親の知らないうちに大量に使っているというケースもあるようです。

大量の便の場合と同じように、つまりの症状がみられた時は一度放置して様子をみましょう。
トイレットペーパーは、水に溶けやすいつくりになっていますのでつまりの程度によっては、放置するだけで改善される場合があります。

お湯での解決手順

つまりの原因が大量の便やトイレットペーパーであれば、お湯を使った方法で改善できる場合があります。
解決手順は以下の通りです。

①止水栓を閉める

トイレの止水栓

まず、作業中にトイレタンクから誤って水を流さないよう、トイレの止水栓を締めます。
止水栓の場所が分からないときは、水道の元栓を締めましょう。

同時に乾いた手で開閉などのオート機能やウォシュレットの電源も抜いておきます。
作業中に誤ってウォシュレットなどを作動させてしまうのを防止しましょう。

②新聞紙やバスタオルなどを用意しておく

お湯などで流す際に、便器の周りが濡れてしまう可能性があります。
必要であれば、便器まわりに新聞紙や使い古したタオルなどを敷き詰めておくと少々濡れても安心です。

近くにゴミ袋なども広げて置いておくと、捨てるのもスムーズに行えますよ。

便器内の汚水を捨てて水位を下げる

便器内の汚水を捨てて水位を下げましょう。
可能な限り水を捨てておくと良いですよ。

素手では衛生面や汚れの心配があるため、使い捨てのゴム手袋や紙コップを使ってみるのもポイントです。
簡単に捨てられるものを使うと処分にも困りませんよ。

④お湯とバケツの準備

沸騰したお湯

お湯とバケツを準備します。

お湯といっても熱湯はNGです。
トイレは陶器でできているので、熱湯を流してしまうとヒビが入ってしまう可能性があります。

使用するお湯の温度は40-60度(50度程度)にしましょう。

沸騰したお湯と同量の水を混ぜるだけで簡単に50度程度のお湯を作ることができますよ。
温度感としては、とても熱いけど2~3秒なら手は入れられる程度です。

⑤排水口に向かって一気にバケツ内のお湯を流しいれる

バケツ

お湯の入ったバケツが用意できたら、勢いよくトイレの排水口に向かって流しましょう。
勢いをつけることで水圧も合わさって、つまりが解消される場合があります。

1時間程度様子を見る

お湯を排水口に流したあと、1時間程度は様子をみましょう。
お湯や水圧によって便やトイレットペーパーが溶けて、つまりが解消される場合があります。

⑦解消されなければ、もう一度同じ方法を試してみる

上記の方法を試してみても効果がない場合は、さらに2~3時間ほど時間を空けてもう一度同じ方法を試してみましょう。

同じ方法を2~3回程度、繰り返してもつまりが解消されなければ専門業者に相談・依頼をオススメします。

プロの専門業者への依頼が必要なケース

作業員

トイレのつまりが発生した場合、どのタイミングで専門業者に依頼するべきか悩んでしまいますよね。
専門業者に依頼すると、会社によりますが費用が発生しますので自分自身で直せるものなら直したいものです。

中には速やかにプロにお任せした方が良いものもありますのでぜひ参考にされてください。

ケース①自身でトイレのつまりが改善されなかった場合

自身で試してみてもトイレつまりが直らない場合や、「家にトイレが1つしかない」などの理由で急いで直したい場合はプロの専門業者に修理の依頼をしましょう。

自身での修理に自信がない方なども無理に行わずに専門業者に相談・依頼する方が費用はかかりますが、安心ですよ。

ケース②つまりの原因が異物による場合

便やトイレットペーパーなど以外で最も多いのが「異物」を誤って流してしまうケースです。
異物とは主に「紙おむつや整理用品、眼鏡・スマホなどの水に溶けない物」が挙げられます。

子育て世代の方は特に小さいお子様のオムツなどを外す際に間違ってトイレ内に落としてしまったり、スマホを便器内に落としてしまうなんて方も意外と多いです。

特にオムツなどは吸水性が高く、水を含むと膨張してしまいます。
その場合は、お湯を使ってもつまりの問題は解決できません。

異物によるつまりが原因の場合は、速やかに専門業者に依頼しましょう。

少しでも費用を抑えたい方は見積もりの際に、複数の業者に依頼することで修理費用を安く抑えることができるかもしれません。まずは電話で相談してみると良いかもしれません。

まとめ

トイレに行きたい女性

今回は、お湯を使った自分で解決できるつまりの解消方法についてご紹介しました。

トイレがつまった原因が便やトイレットペーパーなどの場合は、お湯を使って自力で解決できる場合があります。
ご紹介した方法で改善されない場合や、つまりの原因が異物の場合、自己での修理に不安がある方は速やかに専門業者に依頼しましょう。

マルキンクリーンでは、24時間水回りのトラブルに対応しております。
お困りの際は、一度ご相談ください。

目次
閉じる