ホントに故障?簡単にできる浴室シャワーの水漏れカンタン解決法

「シャワーから水漏れしている」「お水がもったいないから早く直したい」とお悩みの方はいませんか?

水回りのトラブルは家の中でもどうしても起きやすい場所です。
お水がもったいない!と慌てて業者に依頼する方もいますが、実は水漏れの原因がシャワーヘッドなどの場合、自分自身で修理することが可能です。

修理というと難しいイメージがありますが、女性の方でも比較的簡単に作業ができますよ。

そこで今回は、浴室のシャワーが水漏れする原因や自分で解決できる方法について解説します。

目次

シャワーが水漏れする3つの原因箇所

シャワーが水漏れする主な原因箇所は3つです。
この3つは摩擦や劣化などにより何らかのトラブルが生じると、シャワーから水漏れする要因になってしまいます。

  1. シャワーヘッド
  2. シャワーホースとヘッド部分にある接続部分
  3. 水栓本体

まずは試そう!水漏れかどうかをチェックする方法

引用画像:TOTO

シャワーヘッドとは、ホースの先についているお水やお湯がでる部分のことです。
この部分からポタポタとお水が漏れる場合は、修理が必要なケースとそうでない場合があります。

まずは簡単に判断できる方法を試してみましょう。

「水を止めた状態でシャワーのヘッド部分を上向きに」してみてください。
上向きの状態で水漏れが止まる場合は「シャワーヘッド部分に水が残っている状態」です。
この状態は異常ではなく修理は必要ないでしょう。

シャワーヘッドからの水漏れ

シャワーヘッド

シャワーの向きを上にしてもポタポタと水が漏れている場合は、シャワーヘッド内で劣化や破損をしている場合があります。
特に節水ボタンなどがついているタイプの場合は、ボタン部分から劣化していくリスクが大きいようです。

シャワーヘッド内の部品を分解して交換することはむずかしいため、「シャワーヘッド部分をまるごと交換」することで問題はカンタンに解決するでしょう。

・修理に取りかかる前に、メーカーの保証期間内かどうか一度問い合わせてみましょう。
・水回りのトラブルで修理を行う際には、止水栓を閉めてから作業を行ってください。
(マイナスドライバーを使い、右に回すことで止水栓を閉めることができます。)

解決方法①シャワーヘッドをまるごと交換

自分自身でシャワーヘッドを用意する場合は、パッキンの大きさや部品の型番が合うかまずはしっかりと確認しましょう。
部品の大きさや型番が違うと水漏れを解消することはできません。

必要な工具はレンチやマイナスドライバーだけ!
女性の方でも簡単に修理しやすい部分になります。

シャワーヘッドの交換方法は下記4つの工程だけです。

  1. 新しいシャワーヘッドを用意する
  2. シャワーヘッドとホース部分の境目を手で回してはずす
  3. 新しいシャワーヘッドを取り付け
  4. 動作確認する

シャワーヘッドを外そうと思ってもシャワーヘッドが固くなって外せない場合もあります。
それは、水分の中に含まれるカルシウムが固くなってしまうことが原因です。

素手で外れない場合は、ゴム手袋などを使用すると簡単に外せる場合があります。
それでも容易に外れない場合は、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

シャワーヘッドとホースの接続部分からの水漏れ

ゴムパッキン

シャワーヘッドとホースの接続部分から水漏れしている場合は、接続部あたりからポタポタと水が漏れている状態です。
その場合は、内部の「パッキン」という部品に原因があるケースが多いです。

シャワーヘッドを取り外して、パッキンを手で触ってみましょう。
「破損や劣化がある」「手が黒く汚れてしまった」などがあれば交換の合図です。

解決方法②パッキンの交換

新しいパッキンを用意して、「レンチやマイナスドライバー」を準備するだけで簡単に修理できる部分になります。

パッキンのサイズは『㎜単位』です。自身で用意する場合は、間違えのないように注意が必要です!

新しいパッキンへの交換方法は以下の通りです。

  1. シャワーヘッドとホースとの境目部分を回して外す
  2. パッキンが破損・変形していないか手で触り確認する
  3. 部品の採寸などを行い新しいパッキンを用意する
  4. 古いパッキンを取り外す
    (くっついて外れないときは、ラジオペンチなどを使うと外しやすい)
  5. 新しいパッキンを取りつけて、シャワーヘッドを元に戻す
  6. 動作を確認する

水栓本体からの水漏れ

お風呂場の蛇口

水栓の蛇口部分や切り替えする弁など、本体部分から水漏れがしている場合は本体内から水漏れしている可能性が高いでしょう。そのような場合には、本体内にある部品の交換が必要です。

シャワーヘッドや接続部分のゴムパッキンなどは比較的簡単に修理することができますが、本体部分の修理となるとある程度の知識と技術が必要になります。
「途中で部品をなくしてしまった」「元に戻せなくなった」などのケースも考えられるので、本体から水漏れがある場合は、ムリはせずに業者に相談・依頼した方が安心でしょう。

業者が来るまでにできる応急処置のポイント

とはいえ水漏れが、いざ起こってしまうと気になって不安になってしまう方もいらっしゃるでしょう。
特に夜中や専門業者が休みの日などは焦ってしまいますよね。

修理や業者が来るまでにできる簡単な応急処置として『防水テープ』があります。
防水テープを使って、一時的に水漏れを止めることができますよ。

テープを種類によりますが、長時間水漏れを防ぐには限界があります。
自身で修理されるか、専門業者が到着するまでの間のあくまで応急処置です。

必要なのはドライバーと防水テープのみ!
シャワーヘッドなどの曲面の水漏れでも簡単に覆うことができる『防水補修テープ』を採用すると良いでしょう。

水漏れテープの上からさらに保護テープを巻くことで水漏れリスクを最小限に抑えることができます。

あわせて読みたい
水漏れテープの種類と正しい使い方 水漏れテープは、水道管のパイプの水漏れへの応急処置を施すことができるテープで、夜中の水漏れや専門業者が休みのときなどに便利です。テーブの種類によって効果や使...

まとめ

お風呂に入った赤ちゃん

今回は、浴室のシャワーが水漏れした場合の自己解決法について解説しました。

シャワーヘッドやパッキンなどからの水漏れは、女性でも部品を交換するだけという比較的簡単に作業で問題を解決できる場合があります。
本体部分からの水漏れは、細かい部品の紛失や元に戻せなくなるというリスクがあることから専門業者の依頼をオススメしています。

マルキンクリーンでは、水回りのトラブルに24時間対応しております。
少しでも作業に不安がある方は、一度ご相談ください。

目次
閉じる